放射線 radiation <放射線・原子力><健康影響・疫学>

(1) 物質を通過するときに直接,あるいは間接的に原子を電離(イオン化)あるいは励起(れいき)することのできるエネルギーをもった粒子の流れのこと.α線,β線,γ線などは,原子核の放射性壊変によって放出される粒子のつくるビームである.加速器などで発生させるX線,電子線,重粒子線などもこれに含まれる.
(2) 広義には,すべての電磁波や,粒子線を指す場合もある〔〔→ 電離放射線〕.
[青木 康展,甲斐 倫明]



(出典:日本リスク研究学会 編『リスク学用語小辞典』,2008)

ここに掲載した用語解説は,2008年1月に丸善(株)から出版された,
日本リスク研究学会編『リスク学用語小辞典』より抜粋したものです。
刊行当時から現在までに,定義や状況に変化があった可能性にご注意ください。
また,各項目の文責は著者にあります。