通常被ばく normal exposure <原子力・放射線>

その発生が合理的に予期される被ばく.すなわち,被ばくが生じる時期に関係なく,発生の確率が1,あるいは1に近いもの.放射線管理を行う必要のある施設における,通常の運転状態あるいは制御可能な状態において生じる被ばくは,これにあたる.
 放射線防護体系の適用にあたり,国際放射線防護委員会(ICRP)の1990 年勧告(Publication 60)では,個人の放射線被ばくに影響を与える機会について,大きく
・ 行為
・ 介入
の2つに分類している.このうち,行為によって生じる可能性のある放射線被ばくが,“通常被ばく”と“潜在被ばく〔〔〕〕”の2つのカテゴリーに分けられている.
[梅木 博之]



(出典:日本リスク研究学会 編『リスク学用語小辞典』,2008)

ここに掲載した用語解説は,2008年1月に丸善(株)から出版された,
日本リスク研究学会編『リスク学用語小辞典』より抜粋したものです。
刊行当時から現在までに,定義や状況に変化があった可能性にご注意ください。
また,各項目の文責は著者にあります。