許容レベル tolerable level <原子力・放射線>

国際放射線防護委員会(ICRP)の1990年勧告(Publication 60)における,許容できる(tolerable)にあてはまるレベル.Publication 60では,放射線の被ばく(あるいはリスク)に対して許容できる程度を表現するために,3つの用語が導入されている.
・ 受け入れることができない(unacceptable): ある行為に関する通常の実施に際して,いかなる理由によっても受け入れることができない,被ばくに対して用いられる
・ 許容できる(tolerable):歓迎できるものではないが,合理的に我慢できるもの.受け入れることができないものではない被ばくの1分類.
・ 受け入れることができる(acceptable):さらに改善が行われなくても,受け入れられる被ばくを示す.
線量限度〔〕は,“受け入れることができない”ものと,“許容できる”被ばくの間に設定される境界であるとされている.
[梅木 博之]



(出典:日本リスク研究学会 編『リスク学用語小辞典』,2008)

ここに掲載した用語解説は,2008年1月に丸善(株)から出版された,
日本リスク研究学会編『リスク学用語小辞典』より抜粋したものです。
刊行当時から現在までに,定義や状況に変化があった可能性にご注意ください。
また,各項目の文責は著者にあります。