「化学便覧 基礎編 改訂5版」CD-ROM修正プログラムについて
丸善(株)出版事業部

「化学便覧 基礎編 改訂5版」CD-ROMの制限ユーザーへの対応について、インストール後、修正プログラムを実行していただきますと、制限ユーザー(管理者権限以外のユーザ)で使用可能となります。詳細は下記の通りです。

1. 修正方法

(1) パソコンの管理者権限でログオンします。
(2) 圧縮ファイルをパソコンに保存します。
(3) 圧縮ファイルを解凍します。(「SpSetUp.exe」と「化学便覧基礎編」の二つのファイルが含まれます。)
(4) エクスプローラ上で「SpSetUp.exe」ファイルをダブルクリックします。
(5) 修正プログラム実行時に管理者権限でログオンされているかどうかチェックします。ログオンされていない場合は右のダイアログが表示されます。
(6) 化学便覧基礎編CD-ROMがインストールされているかどうかチェックします。化学便覧基礎編CD-ROMがインストールされていない場合は右のダイアログが表示されます。
(7) 再セットアップを行うかどうかの確認を行います。右のダイアログで「はい」をクリックすると処理が開始されます。(処理内容は「2.修正プログラムの処理内容」をご参照ください。)
(8) セットアップが終了すると右のダイアログが表示されます。OKボタンをクリックすると修正プログラムが終了します。
(9) パソコンを再起動します。  

2. 修正プログラムの処理内容 修正プログラムを実行すると、以下の処理が行われます。

(1) CD-ROMの自動再生機能をOFFに設定します。 (化学便覧基礎編CD-ROMを挿入した際、「Startup.exe」が起動しないようにするためです。)
(2) インストールされている「化学便覧基礎編.exe」ファイルを削除します。
(3) 修正版の「化学便覧基礎編.exe」ファイルをコピーします。
(4) カレントユーザーの「化学便覧基礎編」ショートカットを削除します。
(5) すべてのユーザー用のショートカットを作成します。 (作成場所はデスクトップとスタートメニュー)

3. 修正プログラム実行後の化学便覧基礎編CD-ROMの実行方法

(1) パソコンのCDドライブに化学便覧基礎編CD-ROMをセットします。
(2) 自動起動する画面は表示されなくなりますので、デスクトップまたは、スタートメニューのショートカットから「化学便覧基礎編.exe」を実行します。

4. 注意事項・その他

 制限ユーザーで使用する場合、修正プログラム対応が必要な環境は以下の通りです。
※ 以下の環境でも、パソコンの管理者権限で使用する場合、修正プログラム対応の必要はありません。

実行環境
Windows NT4.0
Windows 2000
Windows XP

● 修正プログラムでCD-ROMの自動再生機能をOFFに設定していますが、お客様がその後、CD-ROM自動再生機能をONにした場合、化学便覧基礎編CD-ROMをCDドライブにセットすると、Startup.exeが実行します。制限ユーザーで起動している場合は、システムがインストールされていても「Adobe Reader6.0のインストール」と「化学便覧基礎編のインストール」が表示されてしまいますが、実行ボタンを押さず、ダイアログ右上の閉じるボタンをクリックして、Startup.exeを終了させます。デスクトップおよびスタートメニューのショートカットから、化学便覧基礎編プログラムを実行できます。

● 修正プログラム対応を行った後、化学便覧基礎編をアンインストールしてもショートカットは削除されません。デスクトップにあるショートカットと、スタートメニューにあるプログラムグループ及びショートカットを削除してください。

2004年10月18日


本件についてのお問い合わせ
 
丸善(株)出版事業部 tel 03-6367-6039 FAX 03-6367-6156 化学便覧 基礎編 担当係