理科年表




理科年表表紙
【平成29年版】

理科年表は大正14年の第一冊発行から今年「平成29年」版で90冊目となります。

◆ポケット版:A6判 定価本体1,400円+税
◆机上版:A5判 定価本体2,800円+税

●特徴
創刊より90冊目となる理科のポケットエンサイクロペディア「理科年表」
2015年度ノーベル物理学賞「ニュートリノ振動の発見」、そして2016年6月には新元素(113番元素)に「ニホニウム」という名称案が発表されるなど、どちらも日本人科学者による発見として大きな話題となりました。また100年前にアインシュタインが予言した「重力波」の直接検出に成功、人工知能(AI)が囲碁でプロ棋士に圧勝といったニュースも流れました。これら最近の大きな科学ニュースをトピックスとして掲載します。(物理/化学部では初のトピックス)
 また、生物部の前半「生物のかたちと系統」に掲載の「動物の基本形」イラストを、昨年版の「動物分類表」の大刷新に基づき大改訂します。
 このほか、地学部では戦後70年間に噴火した国内の火山情報や今年4月の熊本地震も掲載するなど、最新で話題や時事をデータやトピックスで紹介します。

●主な改訂内容とトピックス
■ 暦 部
2017年の1年間のこよみ情報
 《トピックス》「月齢について」(片山真人:国立天文台天文情報センター)
■ 天文部
 「太陽」関連の情報を改訂(2015年IAU勧告により大幅なデータ更新があったため)
 《トピックス》「重力波の初観測と重力波天文学の幕開け」(安東正樹:東京大学大学院理学系研究科)
 《トピックス》「重力波とマルチメッセンジャー天文学」(田中雅臣:国立天文台理論研究部)
■ 気象部
 2015年の統計数値を追加、反映(近年のおもな台風経路、国内外の気象災害なども)
■ 物理/化学部
 物理部改訂3ヵ年計画の3年目。古いデータや出典不明データの再調査および更新(化学部も同様に)
 《トピックス》「ニュートリノの質量証明」(中畑雅行:東大宇宙線研神岡宇宙素粒子研究施設)
 《トピックス》「新元素 ニホニウムの発見」(羽場宏光:理化学研究所仁科加速器研究センター)
■ 地学部
 [地 理] 国内外の地理情報を更新。全国都道府県市区町村面積を変更(計測方法変更に伴う)
 [地質・鉱物] 火成岩分類の改訂、ケイ酸塩鉱物の追加    
 [火 山] 2016年(8月)までの国内外の火山情報、「最近70年間に噴火した日本の火山(新規)」
 [地 震] 2016年(8月)までの国内外の地震情報(熊本地震も掲載)
 [地磁気] 地磁気逆転の年代(現在から約1億7000万年前まで)を図と数値で掲載(新規)
 [電離圏] 2015年までのデータに更新。海外観測地点を一新(継続観測地点(高緯度・低緯度)に変更
■ 生物部
 昨年版で刷新した「動物分類表」に基づき前半4頁に掲載している「動物の基本型」のイラストを刷新
 《トピックス》「人工知能(AI)と人間社会のあり方」(坂村健:東京大学大学院情報学環・学際情報学府)
■ 環境部
 2015年までの国内外の環境データに更新
■ 附 録
 第1回(1901年)から今年2016年のノーベル賞受賞者一覧


※[概要・序文・目次]につきましては、こちらをご覧ください。



◆ポケット版(A6判)
ISBN 978-4-621-30095-4
定価 本体1,400円+税
買う
◆机上版(A5判)
ISBN 978-4-621-30096-1
定価 本体2,800円+税
買う

2016/11/25に「理科年表プレミアム12ヶ月間アクセスライセンス 1925-2017」を発売
理科年表オフィシャルサイト
理科年表プレミアム
環境年表表紙
【環境年表 平成29-30年】
  2017年1月刊行予定

A5判 512ページ 
予価 本体2,800円 +税

詳細内容は準備中です。
理科年表関連商品
マイファースト2
理科年表Q&A