あらゆる「環境」を総合的にまとめたデータブック
環境年表
理科年表シリーズ

「環境年表 平成29-30年」



「環境」は、地球上に生きるすべての生物との共有財産です。今日ほど環境問題が取り上げられた時代はなく、環境について考える際に、確かなエビデンスをもとにまとめた本書は重要な資料であるといえます。

本書は、長年蓄積されてきた膨大な情報から、地球全体、局所的地域、生活環境などに関する正確な科学データを取りまとめ、「環境」を一冊に凝縮しています。地球温暖化、異常気象、酸性雨、オゾンホール、生物多様性、IPCC報告、福島の原発問題に端を発したエネルギー問題、熱中症、感染症などの関心の高い話題を取り上げています。他にも、地球外部(宇宙)が要因の環境変動や、大気や水の汚染、廃棄物などの産業や生活に関する環境データも掲載しています。

今回から「放射線と健康影響」の節を新設しました。また、読める要素の充実を目指して、「2014年夏から2016年春まで続いたエルニーニョ現象」「海面水位の上昇に及ぼす地球温暖化の影響」「活火山・死火山・休火山について」「ジカウイルス感染症」「地球温暖化対処に向けた国際的取り組みの経緯とパリ協定について」など、今までのトピックスの他に新規のものも追加しています。

理科年表シリーズ「環境年表 平成29-30年」
国立天文台 編
A5判 530ページ ISBN978-4-621-30100-5
本体2,800円 +税


2017年1月発売
この本を買う

平成29-30年版

■序文(PDFファイル:211KB)
■監修者一覧(PDFファイル:254KB)
■目次(PDFファイル:93KB)