プリツカー賞 受賞建築家は何を語ったか ARCHITECT The Work of The Pritzker Prize Laureates in Their Own Words

小林 克弘 監修/杉山 まどか 翻訳
発行:丸善出版株式会社
A4変判・380頁 本体価格15,000円 
ISBN978-4-621-08594-3
2010年までに受賞した32組の建築家すべてを収録。世界の建築界のリーダーたちの、卓越した国際的な作品と、幅広い出典から集められた彼らの「自身の言葉」により、現代の代表的建築家の思考の流れを辿る。

2000年以降に、女性建築家も初受賞。
1979年から2010年までの「プリツカー賞」受賞者のメディアでの発言を収録
現代の代表的建築家の思考の流れを辿る
受賞した日本人建築家が世界へ与える影響力の大きさが読み取れる


建築界のノーベル賞といわれる権威ある「プリツカー賞」
丹下健三、安藤忠雄、槇文彦、妹島和世+西沢立衛(SANAA)ら、日本人受賞者も掲載。

序 文(以下抜粋)

……建築に関する文献は、評論家や学者、ジャーナリストの視点から書かれている場合があまりにも多い。本書はそうした書籍とは正反対の視点から建築を見ている。ここでは建築家──具体的にはプリツカー賞を受賞した35 名の建築家──が私たちに語り、自らの考えや夢、哲学やひらめきを、さらには建設された作品に影響を与えているものを明らかにする。第三者は沈黙し、その代わりに私たちは創作した建築家自身の声を聴く。
……本書に登場する建築家は非常に影響力があり、建築界のリーダーであるだけでなく、プリツカー賞の受賞者であり、世界でもっとも優れた建築家と見なされている。彼らはともに建築の分野を、歴史を、20 世紀末と21 世紀の最初の十年間の建築の環境を形づくってきた。年に一度授賞されるプリツカー賞が建築界のノーベル賞と呼ばれているのは、いずれの賞も、候補者の推薦に公開の手続きを用いることと、審査員の独立性を保つことによって運営されているためである。シカゴのプリツカー一族がハイアット財団を通じてプリツカー賞を授与するようになったのは1979 年からにすぎず、比較的歴史の浅い賞ではあるが、その影響力は絶大である。同賞の公にされている目的は「建築家の才能、洞察力、献身といった特徴を示すとともに、建築の技術を通じて一貫して顕著な貢献を人類と建設された環境に対して行っている建物を設計した、存命の建築家に賞を授けること」となっている。プリツカー賞は特定の建設された作品に与えられるのではなく、素晴らしい仕事を積み重ねてきた経歴に与えられるのである。
……本書は、年代順に編集してある。2010 年から始めて、1979 年の第1回の受賞者で率直な発言をなす洗練された文化人フィリップ・ジョンソン(「イデオロギーは建築と何ら関係しないと思っています。(中略)まあ、私には確信はありませんが、センスはあります」)まで遡る形で受賞者を紹介していく。受賞者ごとにまとめた各章で、実際に建設された代表作のうちおよそ4〜6件を取りあげている。いずれも畏敬の念を抱かずにはいられない重要な建築であり、建築家の一連の作品の特徴を明らかにしているとともに、建築の分野における彼らの貢献を示している。 ……本書が、建築に関心のある読者に斬新な意味と着想をもたらすことを、また優れた建築を創造する過程を向上させ、人間味のあるものにする一助となることを願ってやまない。

Ruth Peltason ルース・ペルタソン
Grace Ong-Yan, Ph.D. グレース・オン・ヤン
2010 年5月

Contents
2010 妹島和世+西沢立衛
2009 ピーター・ズントー Peter Zumthor
2008 ジャン・ヌーヴェル Jean Nouvel
2007 リチャード・ロジャース Richard Rogers
2006 パウロ・メンデス・ダ・ロカ Paulo Mendes da Rocha
2005 トム・メイン Thom Mayne
2004 ザハ・ハディド Zaha Hadid
2003 ヨーン・ウッツォン J2002 グレン・マーカット Glenn Murcutt
2001 ジャック・ヘルツォーク&ピエール・ド・ムーロン Jacques Herzog & Pierre de Meuron
2000 レム・コールハース Rem Koolhaas
1999 ノーマン・フォスター Norman Foster
1998 レンゾ・ピアノ Renzo Piano
1997 スヴェレ・フェーン Sverre Fehn
1996 ラファエル・モネオ Rafael Moneo
1995 安藤忠雄
1994 クリスチャン・ド・ポルザンパルク Christian de Portzamparc
1993 槇文彦
1992 アルヴァロ・シザ Alvaro Siza
1991 ロバート・ヴェンチューリ Robert Venturi
1990 アルド・ロッシ Aldo Rossi
1989 フランク・O・ゲーリー Frank O. Gehry
1988 ゴードン・バンシャフト Gordon Bunshaft
1988 オスカー・ニーマイヤー Oscar Niemeyer
1987 丹下健三
1986 ゴットフリート・ベーム Gottfried B1985 ハンス・ホライン Hans Hollein
1984 リチャード・マイヤー Richard Meier
1983 I・M・ペイ I.M. Pei
1982 ケヴィン・ローチ Kevin Roche
1981 ジェームズ・スターリング James Stirling
1980 ルイス・バラガン Luis Barrag1979 フィリップ・ジョンソン Philip Johnson

組見本









丸善(株)出版事業部