丸善出版 ニュース

【新装復刊】パリティブックス
「いまさら量子力学?」
鍵となる概念や典型的現象から読み解く。
2017年11月発売

(2017/11/07)


いまさら量子力学?

20世紀がはじまろうとしていた1900年、エネルギー量子が発見されました。21世紀を迎え、量子力学の影響はあらゆる方面に、徐々に深く広がりつつあるといえます。

本書は、パリティ1987年4月号~1988年3月号連載の同名の講座を単行本化した書籍の新装復刊です。 キーとなる概念やよく話題となる典型的な現象を取り上げて、その物理的意味や重要性を解説しています。 量子力学が描き出す自然の姿は、私たちの常識に反する面をもっています。しかし、その理解は理論的にも実験的にも急速に進歩し、応用面への展望もふまえて新しい段階へ進もうとしています。素粒子の世界からマクロな世界まで、あらゆる場面に現れる量子力学特有の不思議な現象。その基本的な考え方と物理的意味を、3人の著者がユニークな視点からリレー解説します。


※ [新装復刊]パリティブックスシリーズ
いまさら電磁気学? 2017年11月刊行
歴史をかえた物理実験 2017年10月刊行
いまさら流体力学? 2017年10月刊行
いま、もう一つの素粒子論入門 2017年5月刊行
いまさらエントロピー? 2017年5月刊行



■目次
第1章 量子力学とは何か?
第2章 「観測」したとき何かが起こる?
第3章 アインシュタイン-ポドルスキー-ローゼン「パラドックス」
第4章 粒子と波動の二重性--中性子干渉計
第5章 スピン−−波動関数の二価性
第6章 波動関数の符号は見える?
第7章 ゲージ理論
第8章 アハラノフ−ボーム効果
第9章 磁気単極子
第10章 マクロな量子系のはなし
第11章 物質のコヒーレント状態
第12章 超伝導とシュレーディンガーの猫

[新装復刊]パリティブックス
いまさら量子力学?
町田 茂・原 康夫・中嶋貞雄 著
パリティ編集委員会 編(大槻義彦責任編集) 

B6判 146ページ ISBN978-4-621-30220-0
定価 本体1,500円 +税

2017年11月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ