丸善出版 ニュース

サイエンス・パレットSP-034「山岳」
山岳の問題をコンパクトにまとめた一冊。
2017年7月発売

(2017/07/18)


山岳

みなさんは、「山岳」と聞いて何を思い浮かべますか?
日本人は古くから、登山、高山植物、温泉…など、山に親しみ、山からの恵みを利用してきました。 近年、以前にも増して低い標高域に広がる里山(中山間地)の活用も注目される一方で、隆起を続ける日本列島は自然災害の多発地域でもあり、絶えず防災に向けた努力が払われてきました。過疎化や鳥獣被害といった社会的問題も進行しています。

山における開発を持続可能なものとして進めることの必要性は、いまや国際的な視点では当然のことといえますが、 本書では、国際的にはホットな内容であるのに、日本人にとっては、必ずしも馴染み深くはない山岳のテーマが幅広く扱われ、山岳について私たちが知っておくべきことが非常にコンパクトにまとめられた一冊です。


■目次
1 問題提起 なぜ、山が問題なのか
山の定義/歴史的な視点/地球規模で見た山の重要性

2 山は永遠のものではない
「もろもろの山と丘とは低くせられ」(イザヤ書第40章)/災害の多い景観/山を採掘する

3 世界の給水塔
山で水を収穫しよう/水がもたらすエネルギー/利益を共有し危険を回避するために

4 垂直の世界に生きる
森林限界以上での暮らし/山の森林/谷底と農業/山岳集落

5 多様性の宝庫
生物多様性のホットスポット/生物多様性がもたらす確かな利益/山岳の文化

6. 保護地域とツーリズム
保護地域/人と保護地域/ツーリズムの主役としての山/有益な影響と害のある影響

7 山岳域の気候変化
気候変化の痕跡/山岳気候の変化/生態系への影響/課題と挑戦/不確実な将来のためのパートナーシップ

参考文献
図の出典
訳者あとがき
索引

サイエンス・パレットSP-034
山岳
Martin F. Price 著
渡辺悌二・上野健一 訳

新書判 192ページ ISBN978-4-621-30172-2
定価 本体1,000円 +税

2017年7月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ