丸善出版 ニュース

[新装復刊]パリティブックス
「いま、もう一つの素粒子論入門」
場の理論の言葉に親しみ素粒子論を俯瞰する。
2017年5月発売

(2017/05/18)


いま、もう一つの素粒子論入門

本書は、月刊雑誌「パリティ」に1997年4月号より、1年連載された「いま、もう一つの素粒子論入門」を単行本化したものです。

場の素粒子を支配する法則は、時空の幾何学と関連深い一般相対論やゲージ理論と深く関わっています。 素粒子の世界を理解するのに不可欠なこれらの理論を学び、場の理論の言葉に慣れて具体的な計算を行い予言ができるようになる道筋をたどります。
最小限の前提からスタートし、素粒子の標準理論まで、著者の視点で素粒子論の発展の要点がまとめられています。


■目次
第1章 相対論の世界
第2章 量子論の世界
第3章 場の理論超入門(I)
第4章 場の理論超入門(II)
第5章 ディラックと電子論
第6章 力は相互作用
第7章 疾風怒濤の時代に
第8章 ゲージ理論とは(I)
第9章 弱い相互作用理論の展開
第10章 ゲージ理論とは(II)
第11章 強い相互作用、QCD理論
第12章 標準模型と展望

新装復刊 パリティブックス
いま、もう一つの素粒子論入門
益川敏英 著
パリティ編集委員会(大槻義彦責任編集) 編

B6判 174ページ ISBN978-4-621-30161-6
定価 本体1,500円 +税

2017年5月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ