丸善出版 ニュース

「大学生のための異文化・国際理解—差異と多様性への誘い」
異文化交流をさまざまな観点から読み解く。
2017年1月発売

(2017/01/23)


大学生のための異文化・国際理解

本書は、文化人類学による異文化理解の視点と国際関係論を主とした国際理解の視点を軸にするだけでなく、社会学、民俗学、地域研究、美術史などの他の学問分野の視点も合せた多角的・複眼的な視座も重視しています。また「異文化・国際理解」を他者理解と捉えることにより、自文化の身近な日常の他者を理解する重要性にも着目しています。

また、「異文化・国際理解」が主な専攻としていない人々を含めた大学の初学者を対象に、関心を抱くきっかけとなるように、広い視点からの具体例をもとにわかりやすい記述がなされています。
異文化理解や国際理解に関心が薄い他分野を専攻予定の初学者の方にむけた一冊といえるでしょう。


■目次
第 I 部 異文化・国際理解とフィールドワーク
第1章 異文化・国際理解への招待
 1 異文化・国際理解へ
 2 身近にもある異文化・国際理解=他者理解
 3 差異を認める他者理解
 4 他者理解の楽しさと困難さ
 5 経験のなかの他者理解との出会い
 6 本書の概要
第2章 フィールドに出会う、フィールドで考える―自文化と異文化の往還
 1 フィールドとの出会い
 2 方法の模索
 3 研究を相対化する

第 II 部 歴史と国際関係
第3章 ナショナリズムと民族紛争
 1 民族紛争
 2 エスニシティ
 3 「ネイション」の多義性
 4 ネイションの起源
 5 ナショナリズム
 6 主権国家
 7 国民国家
 8 帝国主義と民族自決運動
 9 グローバリゼーションと体制転換
 10 まとめ
第4章 多文化主義と歴史認識―オーストラリアに学ぶ
 1 なぜオーストラリアに学ぶのか
 2 オーストラリアの多文化主義
 3 人種差別禁止法(RacialDiscrimination.Act,1975)
 4 オーストラリアの先住民族について
 5 まとめ:日本への影響(implications)
第5章 布を通して見た江戸期日本の異文化受容―イランの絹織物を通して
 1 ものによる交流史
 2 日本に渡来したイランの染織品
 3 オランダ東インド会社とイランの絹織物
 4 茶の湯のなかのイラン絹織物
 5 イランから日本へ
 6 おわりに

第 III 部 異文化(他者)と表象
第6章 「祖国」という名の異国、「同胞」という名の他者と向かい合う
 1 在日コリアンにとっての近代と「家」問題
 2 李良枝の生涯
 3 『由煕』を読む
 4 異国としての「祖国」
第7章 表象/消費される異文化―日本のメディアで生みだされる東南アジアへのまなざし
 1 はじめに
 2 表象と消費
 3 日本が表象/消費する東南アジア
 4 日本のメディアにおける東南アジアへのまなざし
 5 おわりに
第8章 イスラームにおける聖なるものの表象―預言者・聖者の描写について
 1 イスラームが禁じる偶像崇拝について
 2 イスラームの造形芸術に対する姿勢
 3 イスラームにおける宗教美術とは
 4 預言者ムハンマドの図像化
 5 おわりに
第9章 メディアにおける犯罪の社会的構築―「他者」との共生へむけて
 1 犯罪とは何か
 2 ニュース・メディアにおける犯罪
 3 社会統制機能をもつ犯罪ニュース
 4 犯罪統計からみる日本の犯罪
 5 厳罰
 6 更生・保護他者との共生
 7 「他者」との共生へ

第Ⅳ部 差異と多様性
第10章 アジアの「周縁」間を移動する人々―台湾・沖縄間を事例に
 1 ポストコロニアル研究と世界システム論
 2 「技術導入事業」による台湾から沖縄への人の移動
 3 「技術導入事業」を題材にした小説『魚群記』を読む1
第11章 病むという経験の多様性
 1 病気になるということ
 2 病気の原因
 3 病気への対処法
 4 北タイ農村における病気と文化
 5 おわりに―病気をめぐる異文化理解へむけて
第12章 つくられる「男らしさ」「女らしさ」―ジェンダーと身体の構築性
 1 はじめに
 2 つくられる「男らしさ」「女らしさ」
 3 身体の多様性
 4 日常生活におけるジェンダーの構築
 5 変化するジェンダー秩序・規範
 6 おわりに
第13章 差別と社会―障害者問題をてがかりに
 1 多数者のつくる世界観
 2 障害者運動の視角
 3 植民地的心性
第14章 国境を越える民族のアイデンティティ―タイ・中国・ベトナムのヤオ族
 1 移動する生活
 2 通過儀礼から読み取れる世界観
 3 文化資源の継承

あとがき
索引
編著者・執筆者紹介



大学生のための異文化・国際理解
差異と多様性への誘い
高城 玲 編著
A5判 212ページ ISBN978-4-621-30125-8
定価 本体2,200円 +税

2017年1月発売

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ