丸善出版 ニュース

「安全人間工学の理論と技術—ヒューマンエラーの防止と現場力の向上」
実務者に役立つ安全を目指すためのテキスト。
2016年10月発売

(2016/09/29)


ヒューマンエラー対策と実践 −−安全マネジメントシステムの構築

 “ヒューマンエラー”、“ミス”、“怠慢”、“不注意”など、人の不首尾が原因とされる“事故”の報道を見聞きしない日はないといっても過言ではありません。ハイリスクな産業であるほど、それらの人間の不首尾は“撲滅”する必要があります。その一方で、“現場力”、“臨機応変”、“機転を利かす”、“機知に富み困難を乗り切る”など、人間の柔軟な対応により大事故が防がれることも多くあります。
 安全は組織的に推進され、人間の特性と安全を推進するための技術、すなわち手法、方法、マネジメントシステムを理解し、実践する必要があります。

 本書で取り扱う内容は、人間に基準をおいたシステム設計の技術であり、人間工学(ヒューマンファクターズ)の一分野である安全人間工学に位置づけられます。安全において、ヒューマンファクターズが扱う範囲は極めて広く、その一つ一つが、一つの学問領域を形成するほど奥深いものといえます。あらゆる現場、安全推進に携わる実務者の実用書として、安全を学ぶ学生の教科書として、理論から応用まで、その課題解決への具体的指針を与える一冊です。



■目次
1. 安全の考え方
2. ヒューマンファクターと安全
3. 現場改善
4. マニュアルの制定と徹底
5. 注意の特性と不注意
6. 知覚・認知の特性と“思い込み”
7. 認知モデル
8. 診断
9. コミュニケーションとチームづくり
10. ノンテクニカルスキル
11. 危険予知(KY)
12. 安全態度
13. 安全防護
14. 職業適性と教育訓練
15. 背後要因
16. 職場風土と安全文化
17. 安全マネジメントシステム
18. 事故調査の基本
19. 事故分析の手法
20. 未然防止の手法
21. 確率論的安全性評価
22. 安全監査

安全人間工学の理論と技術
ヒューマンエラーの防止と現場力の向上
小松原明哲 著
A5判 320ページ ISBN978-4-621-30083-1
定価 本体3,800円 +税

2016年10月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ