丸善出版 ニュース

「有機半導体の基盤と原理―無機半導体・銀塩写真に照らして」
有機半導体の性質や挙動の基本的な考え方、理論、原理を総括的に解説。
2014年11月発売

(2014/11/11)


有機半導体の基盤と原理

近年著しい進展を見せている有機半導体の性質や挙動に関する基本的な考え方、理論、原理を、総括的に解説。有機半導体の研究の初期の頃からの知見も含め、広範囲な知識と論理がまとめられています。有機半導体の特徴を、多くの点で共通する性質を持ち、先行して研究が進んでいる無機半導体および銀塩写真と種々の角度から比較検証しながら明らかにしてゆきます。


■目次
第1部 有機半導体の特徴
   ―無機半導体との対比―
 1章 無機および有機半導体の歴史と構成
 2章 有機半導体材料の特徴―無機半導体との対比
 3章 有機デバイスの概要

第2部 有機半導体各論
   ―光吸収、電子構造、電荷注入、電荷分離、電荷輸送、耐久性―
 4章 有機半導体の吸収スペクトルと用途への適合性
 5章 有機半導体の分子の配列と配向
 6章 有機半導体分子の電子エネルギー準位の評価
 7章 基板/有機層界面の電子構造
 8章 電極から有機半導体への電荷注入
 9章 有機半導体中の励起子の拡散と解離
 10章 有機半導体中の電荷輸送の測定方法と本質の究明
 11章 有機デバイスにおける電荷輸送
 12章 有機デバイスの耐久性
索引

有機半導体の基盤と原理
無機半導体・銀塩写真に照らして
井口洋夫 監修 谷 忠昭 著
A5判 304ページ ISBN978-4-621-08870-8
定価 本体6,800円 +税

2014年11月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ