丸善出版 ニュース

「情報デザインのワークショップ」
情報デザインをワークショップで学ぶためのノウハウとその手法。
2014年7月発売

(2014/07/14)


情報デザインのワークショップ

うれしい体験のためにデザインすることを情報デザインとよびます。そのデザインを学び、実践する方法の1つとしてワークショップがあります。
ワークショップは、参加者がおのおの体験・協働して学び合いながら何かを作り出す、学びと創造のスタイルです。デザインという行為は個人で行われることもありますが、これからは地域や社会、組織やステークホルダーなど、まわりの人々を巻き込んで取り組まなければならない課題の解決方法としてワークショップを活用することができます。

本書は情報デザインをワークショップを通して学ぶことを目的としており、その対象として、コミュニケーションデザインとサービスデザインの2つをとりあげ解説するとともに、デザイン活動の様々な局面で活用できる20のワークショップとそのコツも紹介しています。


■目次
Chapter1 情報デザインとワークショップ
1-1 情報デザインとは
1-2 情報デザインの活用
1-3 情報デザインを学ぶポイント
1-4 デザインワークショップとは
1-5 デザインワークショップの活用
1-6 デザインワークショップの実践のポイント
1-7 デザインワークショップの準備

Chapter2 コミュニケーションデザインをワークショップで学ぶ
2-1 コミュニケーションデザインにおけるワークショップの活用法
2-2 オリエンテーション
2-3 ウォーミングアップ
2-4 ワークショップの企画
2-5 現状調査
2-6 調査結果の視覚化
2-7 資料のドキュメント化
2-8 現状把握の結果の視覚化
2-9 ディスカッションによるコンセプトの共有
2-10 社会に向けたメッセージ表現
2-11 社会に向けた情報発信
2-12 社会に向けた成果物の発表と評価
2-13 デザインプロジェクトの資料化と共有
2-14 社会に向けた資料の制作
2-15 リフレクション(省察)

Chapter3 サービスデザインをワークショップで学ぶ
3-1 サービスデザインにおけるワークショップの活用法
3-2 オリエンテーション
3-3 テーマの設定
3-4 質的調査
3-5 質的データの分析
3-6 ユーザー体験の視覚化
3-7 モノの視覚化
3-8 ヒトからの発想
3-9 モノからの発想
3-10 コンセプトの作成
3-11 コンセプトの視覚化
3-12 コンセプトの評価
3-13 ビジネスモデルの視覚化と評価
3-14 コンセプトの具体化(モノ)
3-15 コンセプトの具体化(ビジネス)
3-16まとめ

Chapter4 情報デザインのワークショップの手法
4-1 マシュマロ・チャレンジ
4-2 コンセンサスゲーム
4-3 スケッチ・ワークショップ
4-4 道具の使い方ワークショップ
4-5 写真撮影ワークショップ
4-6 ビデオ撮影ワークショップ
4-7 インタビュー・ワークショップ
4-8 参加型フィールドワーク・ワークショップ
4-9 オブザベーション・ワークショップ
4-10 カードソーティング・ワークショップ
4-11 上位概念を考えるワークショップ
4-12 フォトKA法ワークショップ
4-13 ストーリーテリング・ワークショップ
4-14 最悪トラベル・ワークショップ
4-15 インプロビゼーション・ワークショップ
4-16 デジカメアニメ・ワークショップ
4-17 図解基礎ワークショップ
4-18 アクティングアウト・ワークショップ
4-19 パーソナルファブリケーション・ワークショップ
4-20 スクライビング・ワークショップ
4-21 ワークショップ運営のコツ

索引



情報デザインのワークショップ
情報デザインフォーラム 編
B5判 144ページ ISBN978-4-621-08837-1
定価 本体2,500円 +税

2014年7月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ