丸善出版 ニュース

「粒子法入門―流体シミュレーションの基礎から並列計算と可視化まで  C/C++ソースコード付」
粒子法の基礎から発展的な現象の解析,高速化,可視化までを解説する入門書。
2014年6月発売

(2014/06/17)


粒子法入門

粒子法は流体シミュレーションのために用いられる手法で、近年国内外で商用コードが開発され、様々な分野で実用的な解析が行われるようになってきました。

本書は粒子法を用いた研究を始めようとしている学生、 粒子法ソフトウェアを利用して解析を行いたい研究者や技術者に向けた入門書です。基礎理論から丁寧に解説するとともに、実際にソースコードを用いて粒子法シミュレーションを体感することで、粒子法の理解を確実なものにすることができます。
さらに、表面張力や高粘性流体、乱流などの現象を解析する手法を紹介するとともに、並列計算による高速化、計算結果の可視化を解説し、実際の適用例をカラーで掲載するなど、実践においても有用な書籍となっています。


■目次
1 序論
2 粒子法による流体シミュレーションの基礎
3 粒子法による流体シミュレーションの発展的機能
4 粒子法の並列計算
5 粒子法の可視化
6 粒子法シミュレーションの適用例
付録A ダウンロードと2, 4 章関連のリスト
文献
索引

粒子法入門
流体シミュレーションの基礎から並列計算と可視化まで
C/C++ソースコード付

越塚誠一・柴田和也・室谷浩平 著
A5判 230ページ ISBN978-4-621-08834-0
定価 本体4,800円 +税

2014年6月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ