丸善出版 ニュース

「戦後とは何か(上/下)―政治学と歴史学の対話」
「戦後体制」が大きく変わろうとしている今、「戦後とは何か」「戦後体制とは何だったのか」を問う知性と理性の書。
2014年6月発売

(2014/06/23)


戦後とは何か(上)

「戦後体制」が分水嶺に差し掛かっている昨今、いまこそ「戦後とは何か」を知らなければならないと思います。来し方を知らなければ、行く末を誤る恐れがあるからです。本書は「戦後」を様々な観点から議論し、戦後社会の総体をつまびらかにしようとした意欲的な本です
本書を読んでわが国の行く末を考えてください。

戦後に関する類書は数多くありますが、政治学と歴史学がコラボレートして戦後体制を解明しようとしたのは本書が初めて試みです。また、泰斗と第一線の若手研究者が対談で切り結ぶのも本書の大きな特徴となっています。


■上巻目次
・Doing History?―歴史をするのか,歴史を書くのか,歴史を考えるのか
・戦後体制―行政学と地域の視点から
・戦後日本のシステム―多元主義,新自由主義,ポピュリズムの観点から
・戦前と戦後―政治と官僚制の視座
・「戦後歴史学」の戦後史

■下巻目次
・政治史研究と歴史研究のあいだ
・政治学・歴史学の戦後、現代、現在
・戦後日本における自発的参加活動
・戦後改革・占領改革・戦時改革 ? 戦後体制の成立をめぐって
・体制の転換と実質的な連続性
・中国の台頭と日本

戦後とは何か
政治学と歴史学の対話
定価 本体2,000円 +税
福永文夫・河野康子 編
2014年6月発売

戦後とは何か(上)
渡邉昭夫・村松岐夫・大嶽秀夫・牧原 出・成田龍一 著
A5判 226ページ ISBN978-4-621-08832-6
この本を買う


戦後とは何か(下)
加藤陽子・雨宮昭一・鹿毛利枝子・天川 晃・
猪木武徳・五百旗頭 真 著

A5判 248ページ ISBN978-4-621-08833-3
この本を買う


  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ