丸善出版 ニュース

「数学×思考=ざっくりと―いかにして問題をとくか」
「ざっくり」でわかるポリアの思考術、これが「いか問」竹内流。
2014年4月発売

(2014/04/16)


数学×思考=ざっくりと

「難しい問題」ほど「ざっくり考える」が勝ち!「いか問」ポリアの教えも交えた「数学知識まったく不要」の竹内流・問題解決思考法――難問に直面したからといって、即座にあきらめることはまったくありません。そういう時こそ、発想を転換して、まずは「ざっくり」と考えてみると、意外に道が開けてくるものです。
本書では、ポリア「いかにして問題をとくか」の発想法にヒントを得て、どんな読者でもよく理解できるよう、平易な語り口で日常生活や仕事上の問題を解決する方法を伝授します。


■目次
1 オーダー(規模)を把握してみよう
  ――フェルミ推定でざっくりと
2 地球の「皮」はどれくらい厚いか考えてみよう
  ――スケール感でざっくりと
3 あらゆる予測に活用してみよう
  ――最小二乗法でざっくりと
4 まず迷ったら数値的に考えてみよう
  ――モンテカルロ法でざっくりと
5 枠の「外」に出て発想の殻を打ち破ってみよう
  ――ソファ問題をざっくりと
6 もっと一般化して考えてみよう
  ――モンティ・ホール問題をざっくりと
7 集められたデータの本質を見抜いてみよう
  ――統計的手法でざっくりと
8 ざっくり思考の落とし穴:信念体系を分析してみよう
  ――脱・非論理的思考でざっくりと
索引

数学×思考=ざっくりと
いかにして問題をとくか
竹内 薫 著
B6判 184ページ ISBN978-4-621-08819-7
定価 本体1,300円 +税

2014年4月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ