丸善出版 ニュース

「乾燥地を救う知恵と技術」
乾燥地における持続可能な土地管理の方法を具体的に提案する。
2014年3月発売

(2014/03/18)


乾燥地を救う知恵と技術

世界の陸地の約41%を占める乾燥地には約20億人が暮らしています。本書は、乾燥地のうちでも、とくに大きな面積を占め、また厳しい生活をおくっている開発途上国の農村部を対象に、乾燥地における主要な問題である砂漠化・土地劣化・干ばつ問題への対処法、すなわち乾燥地における持続可能な土地管理の方法をまとめています。乾燥地の現状、問題の解説からはじまり、土壌・植生の劣化、病気や貧困といった問題を防ぎ、持続可能な生活を維持していくための知恵や技術を25の項目(方法)として紹介します。乾燥地の現場で活躍する技術者やNGO・NPOの実務者には必須の一冊。


■目次
1章 乾燥地とは
2章 土壌の劣化
3章 水の有効利用
4章 植生の劣化
5章 草原を痛める過放牧
6章 不安定な食糧生産
7章 足りないエネルギー
8章 健康を害する疾病
9章 貧困
10章 国際協力を志す人のために
コラム
エチオピアにおける土壌侵食と土地劣化の対策
ICARDAによるエジプトでの統合的灌漑技術パッケージ普及の経験
マリ国農業政策アドバーザーのつぶやき
技術協力のむずかしさ
青年海外協力隊員になって
参考文献
索引

乾燥地を救う知恵と技術
砂漠化・土地劣化・干ばつ問題への対処法
鳥取大学乾燥地研究センター 監修 恒川篤史 編集代表
A5判 160ページ ISBN978-4-621-08753-4
定価 本体3,400円 +税

2014年3月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ