丸善出版 ニュース

「地球温暖化の事典」
わが国における地球温暖化問題に関するスタンダードな事典。
2014年3月発売

(2014/03/06)


地球温暖化の事典

 地球温暖化問題は、産業革命以降の人類による化石燃料の大量消費や森林伐採に伴う二酸化炭素等の排出により、大気中の二酸化炭素濃度が上昇し、その温室効果によって地表面付近の気温上昇を含む気候変化の問題です。このまま温室効果ガスが増大し続けると、温暖化問題はさらに深刻化する恐れがあることから世界中で対策が講じられています。

 この問題を正しく理解するためには、温室効果ガスの排出、海洋・陸域での吸収と蓄積、大気中濃度の変化、温室効果ガス濃度と気候変化の関係、気候変化が及ぼすさまざまな影響、温暖化防止や温暖化影響の適応のための技術、政策・制度、ライフスタイル等、自然科学から社会・経済・政策的側面まできわめて多様な知識や情報が必要となります。

 本書は、地球温暖化に関する基本的かつ重要な事項をできるだけ網羅的に系統立てて解説した中項目事典です。関連する用語の意味や基本的な概念について理解を深め、知識を整理するのに最適な事典です。


■目次
1章 総論
2章 温室効果ガス
3章 地球システム
4章 気候変化の予測と解析
5章 地球表層環境の温暖化影響
6章 生物圏の温暖化影響
7章 人間社会の温暖化影響と適応
8章 緩和策
9章 条約・法律・インベントリ
10章 持続可能な社会に向けて
索引

地球温暖化の事典
独立行政法人国立環境研究所 地球環境研究センター 編著
A5判 452ページ ISBN978-4-621-08660-5
定価 本体4,800円 +税

2014年3月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ