丸善出版 ニュース

「ホワイトノイズ」
ノイズを偶然現象の源として積極的にとらえて解析する数学的理論の解説書。
2014年5月発売

(2014/04/18)


ホワイトノイズ

ノイズは不要な雑音や測定誤差など一般には否定的にとらえられていますが、逆に情報を持った偶然量や自己組織化の駆動力として、また、発生の原因が未知な現象の背後に仮定するなど肯定的にとらえ、積極的に活用することもできます。ホワイトノイズは、極めて不規則な運動であるブラウン運動の時間微分として導入され、時間性・空間性を備え、各時点で独立でガウス型の分布であるという特徴を持つ理想的なノイズの典型といえます。

本書は、このホワイトノイズの数理に関して純粋数学としての確率解析の側面はもとより、数理科学の他の諸分野との連携についても解説します。


■目次
第 I 部 ホワイトノイズ
第1章 序章
第2章 ノイズ
第3章 ホワイトノイズ理論の基礎

第II部 ホワイトノイズ解析詳論
第4章 ホワイトノイズの導入
第5章 ホワイトノイズ解析
第6章 無限次元調和解析

第III部 科学の中のホワイトノイズ
第7章 連携分野

補遺
付録A
参考文献
索引

シュプリンガー量子数理シリーズ 第5巻
ホワイトノイズ
飛田武幸 著
A5判 224ページ ISBN978-4-621-06510-5
定価 本体3,800円 +税

2014年5月発売
この本を買う

  本件に関するお問い合わせ先:丸善出版(株)書籍営業部
   TEL 03-3512-3256 FAX 03-3512-3270
  webからのお問い合わせはこちらから

ニュースページTOPへ