丸善ブックス085

モーツァルトはどう弾いたか

インターネットで曲が聴ける

四六判・200頁/本体1,600円(税別)ISBN 4-621-06085-6

作曲家としてはもちろん、ピアニストとしても天才だったといわれるモーツァルトは、いったいどのようにピアノを弾いたのでしょうか。同時代の音楽家や音楽のスタイル、当時のサロンやコンサートの模様、さまざまな即興や装飾の技法、当時の楽器の特徴と変遷・・・・これらのことから浮かびあがってくるモーツァルト自身の音楽、そして演奏スタイルについて、多くの譜例とインターネット上での著者自身の演奏で紹介しています。自らもピアニストとして積極的にモーツァルトと同時代の音楽に深くアプローチしている著者の鋭い視点で、モーツァルトの「真実」に迫ります。
著者による「刊行にあたって」こちらです。

著者略歴

 久元 祐子(ひさもと ゆうこ)

東京芸術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て同大学大学院修士課程を修了。
ラトヴィア国立交響楽団、読売日本交響楽団など内外のオーケストラと共演。ベルリン弦楽四重奏団との共演など室内楽の演奏会にも多数出演。
音楽を多面的に捉えることを目指したレクチャー・リサイタルは朝日新聞・天声人語にも紹介される。モーツァルト時代のシュタイン、ヴァルターの復元楽器、またショパン時代、リスト時代、創設当時のベーゼンドルファーのオリジナル歴史的楽器を所蔵。それらを使っての演奏を通じて、時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追い求めている。
ショパン生誕200年記念年には、全国各地でプレイエルによる演奏会を行い、大賀ホールにおいて天皇皇后両陛下ご臨席のもと御前演奏を行う。
2011年ウィーンでのリサイタルは絶賛され、オーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾り、ベーゼンドルファーアーティストの称号を受ける。
2012年イタリア国際モーツァルト音楽祭に招かれリサイタルを開催。その模様はイタリア全土に放映され好評を博す。
国立音楽大学楽器学資料館ピアノプロジェクトの一環としてモーツァルト時代のスクウェアピアノなど歴史的楽器5台を使用した演奏会に出演し、大きな反響を呼ぶ。
「青春のモーツァルト」ほか10枚のCDをリリース。CD「ハイドンとモーツァルト」は毎日新聞CD選1位。
著書に「モーツァルトのピアノ音楽研究」(音楽之友社)、「原典版で弾きたい!モーツァルトのピアノ・ソナタ」(アルテス)、「モーツァルトとヴァルター・ピアノ」(学研)ほか。
毎日21世紀賞特選受賞。国立音楽大学准教授。日本ラトビア音楽協会理事。
久元祐子ウェブサイト http://www.yuko-hisamoto.jp/



目次 と本で紹介されている曲目
(著者自身による演奏をMIDI等で聴くことができます。)


本書頁
  
プロローグ

第1章 ウィーン・デビュー
  ザルツブルク大司教コロレドとの決裂  
  ウェーバー家のクラヴィーア  
 

トゥーン伯爵夫人のピアノフォルテ

 
 

クレメンティとの競演

 
  ☆クレメンティ《クラヴィーア・ソナタ 変ロ長調 作品47の2》 第1楽章 (YouTube:「いずみホール『Jupiter』連載「ピアニストが案内するモーツァルト」HPより) p.17
  ●モーツァルト《ナッソウの歌曲による八つの変奏曲 ニ長調 K25》(制作中) p.20
第2章 クラヴィーア 
  鍵盤楽器の交代期  
  クリストーフォリの楽器  
  ☆モーツァルト《クラヴィーアのためのアレグロ K72a (断片)》(YouTube:「いずみホール『Jupiter』連載「ピアニストが案内するモーツァルト」HPより)
p.29
  エッカルトのピアノフォルテ  
  エッカルト《六つのクラヴサンのためのソナタ 作品1の2 ト短調》 第1楽章 提示部(MIDI形式) p.31
  ロンドンのモーツァルト  
  J.C.バッハ《クラヴィーア・ソナタ ト長調 作品5の3》 p.34
   ●第1楽章 (制作中)  
   ●第2楽章 (制作中)  
  J.C.バッハ《クラヴィーア・ソナタ 変ホ長調 作品5の4 》 p.34
   第1楽章 (MIDI形式)  
   第2楽章 (MIDI形式)  
  ☆モーツァルト 《「ロンドンの楽譜帳」から ト短調 K(第6版)15p》 (YouTube:「いずみホール『Jupiter』連載「ピアニストが案内するモーツァルト」HPより) p.36
  シュタインのピアノフォルテ  
  ウィーンのピアノフォルテ  
  「完成された芸術品」  
第3章 トルコ行進曲をめぐって
  「君のテンポは速すぎる!」  
  モーツァルト《ピアノ・ソナタ イ長調 K331》 第3楽章「トルコ行進曲」の冒頭   
   アンダンテのテンポ (MIDI形式) p.55
   遅めのアレグロのテンポ (MIDI形式) p.55
    速めのアレグロのテンポ (MIDI形式) p.55
  謎に包まれた名曲  
  《後宮からの誘拐》  
  モーツァルト《歌劇「後宮からの誘拐」K384》〜近衛兵の合唱「偉大なる太守を称えよ」抜粋(譜例1) (MIDI形式) p.62
  モーツァルト《ピアノ・ソナタ イ長調 K331》 第3楽章「トルコ行進曲」〜コーダ冒頭(譜例2) (MIDI形式) p.62
  「疾走」の一例  
第4章 サロンの音楽
  愛好家たち  
  ウィーンのサロン  
  トゥーン伯爵夫人のサロン  
  サロンでのピアノ演奏  
  モーツァルト《ピアノ・ソナタ ハ長調 K330》 第1楽章 第106小節以下(譜例3) (MIDI形式) p.82
  ピアノ教師  
  女性の弟子たち  
  本書頁
第5章 ローザのためのピアノ・ソナタ
  《ピアノ・ソナタ ハ長調 K309》  
  モーツァルト《ピアノ・ソナタ ハ長調 K309》  
   第2楽章 アンダンテ 冒頭(譜例4) (MIDI形式) p.102
   第1楽章 第1 〜7小節(譜例5) (MIDI形式) p.117
   第1楽章 第31〜32小節(譜例6) (MIDI形式) p.117
   第1楽章 第33〜38小節(譜例7)(MIDI形式) p.117
  ローザ・カンナビヒの肖像  
  ローザ嬢へのレッスン  
  シュタインの娘  
  性愛? 語呂合わせ?  
  ストレートな喜び  
  マンハイム・オーケストラ  
第6章 即  興
  オルガニスト  
  《戴冠式》の空白  
  モーツァルト《ピアノ協奏曲ニ長調「戴冠式」K537》   
   第2楽章冒頭 ― 自筆譜(譜例8) (MIDI形式) p.129
   第2楽章冒頭 ― アンドレ版 (MIDI形式) p.129
   第1楽章 第263小節以下(譜例9) (MIDI形式) p.130
  《幻想曲 ニ短調 K397》  
  ●モーツァルト《幻想曲 ニ短調 k397》 (制作中) p.133
    同   第95 〜107小節(譜例10) (MIDI形式) p.133
 

モーツァルト《プレリュードとフーガ ハ長調 K394》

p.135
   プレリュード(MIDI形式) p.135
   フーガ(MIDI形式) p.135
  モーツァルトの装飾法  
  ●モーツァルト《クラヴィーアのためのプレリュード ハ長調 K(第6版)284a》 (制作中) p.140
 

   同  第20〜25小節 (譜例11) (MIDI形式)

p.141
  モーツァルト《ピアノ・ソナタ ヘ長調 K332》  
   第2楽章後半 ― 自筆譜(MIDI形式) p.142
   第2楽章後半 ― 初版譜(MIDI形式) p.142
   第2楽章第23小節以下―初版譜(譜例12)(MIDI形式) p.145
  《ロンド イ短調 K511》  
  モーツァルト《ロンド イ短調 K511》  
   第1〜4小節 ロンド主題(譜例13) (MIDI形式) p.145
   第88 〜92小節 中間部(譜例14)(MIDI形式) p.146
   第1〜30小節―まったく装飾をはずして弾いた演奏 (MIDI形式) p.147
第7章 コンサートの再現
  コンサート事情  
  ピアノ・コンチェルト  
  コンチェルトはどう弾かれたか  
 
エピローグ モーツァルトを弾く
  晩年の作風  
  演奏の変容とその反省  
  再現芸術として  

●このページの曲データについて

MIDI形式で制作されている曲は、ヤマハのXG音源で最適化していますので、演奏をより豊かに、美しく再現するためには、プレイヤーソフト、専用音源をご利用になることをお薦めします。(以前配布していたXG音源のMIDIプラグインは、ヤマハでの配布を終了しております。)
また、プレイヤーソフト等の動作について、弊社ではサポートは行いませんので御了承ください。

☆印の曲につきましては、いずみホール情報誌『Jupiter』連載「ピアニストが案内するモーツァルト」の連動企画として制作されたHP(http://www.izumihall.co.jp/jupiter/mozart.html)から、いずみホールの許諾を得て、YouTube動画をリンクさせていただきました。
こちらのHPでは、本書の著者久元祐子氏による、ナネッテ・シュトライヒャー、ベーゼンドルファー、クラヴィコードによる数々の演奏を動画でお楽しみいただけます。

なお、本ページおよびリンク先ページの音楽データに関する権利は、すべて演奏者である久元祐子氏に帰属します。私的および家庭内で楽しむほか、久元氏の許諾なくこれらのデータを利用することはできません。
また、リンク先、およびリンク先の曲は、提供元のサービス停止・終了等により、ご利用いただけなくなる場合があります。あらかじめ御了承ください。