index top index 2018index index
2018.06contents
2018.06 contents img

直径およそ10 cmの環状水中翼を水槽内で素早く下方に加速させることにより生成した渦輪(Image courtesy of William Irvine.)。くわしくはp.37からのニュース「流体渦の隠されたトポロジーの測定法」を参照。

stamp img
<今月の切手>
位置天文観測衛星ガイアの切手。
57ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成30年4月4日郵模第2744号)
arti
弦理論がさし示す可能性とは何か
時空の不確定性と弦理論:紫外問題は解決したか
  米谷民明

情報社会の未来基盤
強磁性半導体とスピントロニクス
  田中雅明

早期発見のための物理
がんを画像化する光音響レーダー
  A. マンデリス 西條芳文 訳

news 新しい高みに到達した量子もつれ
  A. G. スマート 武岡正裕 訳
例外点を利用した,例外的な高感度センサー
  J. L. ミラー 神吉一樹 訳
流体渦の隠されたトポロジーの測定法
  A. G. スマート 皺正憲 訳

ニュースダイジェスト
  R. ベルコヴィッツ,C. デイ,R. J. フィッツジェラルド ほか
海底火山の噴火のしくみ / 超大質量ブラックホールからの2つの準周期的振動 / 心細動における渦糸の画像をとらえる / 驚くほど暗黒物質の少ない銀河 ほか

クローズアップ:
 漕艇ロボット,ロウボット
  J.-P. ブーシェ,R. ラッベ,C. クラネ 勝井辰博 訳

連載:地震のメカニズム解明―本当に地震予知はナンセンス?
 間欠的な固着のはがれと大地震の発生
  加藤愛太郎

講座:電磁気現象にみる古典と量子の交叉点
 第3回 マクスウェルの貢献
  筒井 泉

コラム:私はこうして物理を選んでしまった
 選んだ理由はなかったがやめる理由はもっとない
  大久保 章

コラム:パリティのココロ
 デジタル教科書を閣議決定,の困惑
  大槻義彦
information corner フォーラム

7月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手
  小沼通二

今月のキーワード
不確定性関係 / プランク距離 / スピノーダル分解 /

今月のパリティ
時空に最小単位はあるのか
場の量子論では紫外発散の困難を解消するくり込み理論ですが,重力の量子論では破綻をきたします。究極には時空の短距離構造に関する不確定性から生じると考えられるこの問題は,弦理論で解決できるのでしょうか。歴史的発展を振り返りながらその可能性に迫ります。(p.4)

エレクトロニクスを超えて
電子の電荷だけでなくスピンも活用すれば,新奇な機能を備えたデバイスも実現可能です。そのような可能性のなかから,スピンと半導体の機能を融合させた技術である半導体スピントロニクスの最前線を紹介します。(p.11)
悪性化する前に見つける
航空機の位置をとらえる技術として有名なレーダーが,がん早期発見にも応用されています。この10年間で大きく進歩した光音響イメージング技術から,現在の画像診断技術の欠点の多くを克服する新手法が登場しました。(p.22)

大陸横断量子通信
中国の量子通信衛星「墨子」は,量子的にもつれあいながら互いに1200 kmも離れて光子対をつくり出すことに成功しました。これは地上実験で達成されていた距離をはるかにしのぎます。この偉業はどのように成し遂げられ,そして何をもたらすのでしょう。(p.30)
折りたたみ異常に関与するたんぱく質(p.34)
波長変調差分光音響レーダーでとらえたマウスの大腿の画像を位相の標準偏差の逆数でフィルターしたもの。(p.28)

index top index 2018index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら