index top index 2017index index
2017.12contents
2017.12 contents img

米国ルイジアナ州リビングストンにあるLIGOの重力波検出器。(Courtesy Caltech/MIT/
LIGOLaboratory)くわしくはp.30からのニュース「ノーベル物理学賞:ついに来た重力波物理学の夜明け」を参照。

stamp img
<今月の切手>
田中館愛橘の文化人切手。
53ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成28年10月28日郵模第2643号)
arti
現代物理の新手法
テンソルネットワークと量子多体系
  原田健自

ゲージ重力対応で切り開く
量子情報による時空の創発
  高柳 匡

未知なる複合粒子の物理
バリオンを超える多クォークハドロン
  宮林謙吉

彼らを訪ねて
地球外生命探査に挑むアストロバイオロジー
  山岸明彦
news ノーベル物理学賞:ついに来た重力波物理学の夜明け
  田中貴浩
ノーベル化学賞:生体分子を直接みる「クライオ電子顕微鏡」の開発
  吉川雅英
ノーベル医学・生理学賞:生物の時間を規定する遺伝子
  岡村 均
力学分光法が隠れたタンパク質折りたたみ状態を明らかにする
  J. L. ミラー 川上 勝 訳

ニュースダイジェスト
  A. グラント,C. デイ,A. G. スマート ほか
マルチメッセンジャー天文学の時代が始まった / 大西洋にある循環が太平洋にない理由 / みえたりみえなくなったりするナノプラズモンの鏡 / 氷山を白色矮星に投げ込む

クローズアップ:
 冷却原子系を用いた「トポロジカル量子ポンプ」
  中島秀太
 爆弾低気圧のエネルギー源
  吉田 聡

随想:クレイジーなアイデアの重要性
  D. スティーブンソン 栗田 敬 訳

講座:新・相対論の正しい間違え方
 正しい間違い9 10光年離れた星に到着するには,10年以上かかる
  木下篤哉

コラム:パリティのココロ
 国際協同研究の中国シフト
  大槻義彦
information corner フォーラム

1月特大号予告

パリティ2017年総目次

パリティ2017年総目次〈分野別〉

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手
  小沼通二

今月のキーワード
テンソルネットワーク / エンタングルメントエントロピー / ホログラフィー原理 / 量子もつれ / 共形場理論 / テトラクォーク / 不変質量分布

今月のパリティ
丸と線で描くもつれた世界
複数の量子系をいっぺんに扱う場合,おのおのの系の状態は互いに乱雑にからみ合い,記述や解析が難しくなります。これを打開するツールとして注目を集め,活躍しているのがテンソルネットワークです。その基礎と量子物理における活用例を紹介します。(p.4)

時空のミクロな構造を解き明かす
場の量子論と重力理論がじつは同じ理論であるという,ゲージ重力対応が発見されてから20年がたち,そのメカニズムの理解が進み,本質に量子もつれがあることが明らかになってきました。ホログラフィー原理に基づいて,量子情報から時空の構成を試みます。(p.11)
ハドロンは何でできているのか
強い相互作用によりクォークどうしがくっついてできるハドロン。これは,クォーク3つのバリオンとクォーク2つのメソンに大別されると長らく思われてきましたが,それらに該当しない新種のハドロンの発見が続いています。そこにある物理の理解に挑みます。(p.18)

生命の真の理解を求めて
「宇宙における生命の起源,進化,伝播および未来」を研究する学問,アストロバイオロジー。急速に進展しつつあるこの分野は現在,何を明らかにして,何に注目して,何を問題として,何を追究しているのでしょうか。アストロバイオロジーのいまを解説します。(p.24)
机の上で描かれる典型的な軌道(p.50)
黒潮が爆弾低気圧と大気循環に及ぼす影響の概念図。(p.52)

index top index 2017index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら