index 2017index 7月号目次 7月号目次
執筆者・翻訳者紹介

hashimoto img 橋本幸士(はしもと・こうじ)
大阪大学大学院理学研究科教授。理学博士。2000年京都大学大学院理学研究科修了。同年京都大学基礎物理学研究所研究員,カリフォルニア大学サンタバーバラ校理論物理学研究所研究員,2001年東京大学大学院総合文化研究科助手等を経て,2012年より現職。おもな研究分野は超弦理論,理論物理学。著書に『超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義』(講談社),『Dブレーン・超弦理論の高次元物体が描く世界像』(東京大学出版会)がある。

http://kabuto.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~koji/ youkoso.html

sato img 佐藤昌利(さとう・まさとし)
京都大学基礎物理学研究所教授。博士(理学)。1996年京都大学大学院物理学第二専攻博士後期課程修了。同年湯川記念財団奨学研究員,1997年日本学術振興会特別研究員,1999年東京大学物性研究所物性理論研究部門助手,2007年同部門助教,2012年名古屋大学大学院工学研究科准教授を経て,2015年より現職。おもな研究分野は場の量子論,物性理論。家族は妻と子1人。

katugai img 初貝安弘(はつがい・やすひろ)
筑波大学数理物質系物理学域教授。工学博士。1989年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程中退。同年東京大学物性研究所助手。1990年東京大学にて博士号を取得。1992〜1993年マサチューセッツ工科大学博士研究員を兼任。1995年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻講師,1996年同専攻助教授を経て,2007年より現職。2010〜2012年筑波大学理工学群物理学類長,2014年より東北大学特任教授(客員),2016年より筑波大学理工学群副学群長。おもな研究分野は,物性理論。著書に『物理学のための応用解析』(サイエンス社)がある。家族は,妻と長男,長女。

http://rhodia.ph.tsukuba.ac.jp/~hatsugai

aoki img 青木秀夫(あおき・ひでお)
東京大学名誉教授,産業技術総合研究所電子光技術研究部門招へい研究員。理学博士。1978年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年東京大学理学部助手,1980年英国キャヴェンディッシュ研究所客員研究員,1986年東京大学理学部助教授,1998年同学部教授を経て,2016年より現職。この間,2011〜2016年高エネルギー加速器研究機構客員教授を兼任。おもな研究分野は物性物理学理論。著書に『超伝導入門』(裳華房),『二次元物質の科学』(編集,化学同人),Comprehensive Semiconductor Science & Technology Vol. 1(分担執筆,Elsevier),Physics of Graphene(分担執筆,Springer)など多数。趣味はピアノ演奏,古典音楽鑑賞。家族は,妻と娘。

http://www-cms.phys.s.u-tokyo.ac.jp/

oshikawa img 押川正毅(おしかわ・まさき)
東京大学物性研究所教授。博士(理学)。1994年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程中退。同年東京大学工学部物理工学科助手,1995年カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学物理天文学科Killam博士研究員,1998年東京工業大学理学部物理学科助教授を経て,2006年より現職。おもな研究分野は物性理論・統計力学・場の理論。趣味は自転車(折り畳み自転車“bd-1”でこれまでに世界15か国を走った)。家族は妻と娘。

http://oshikawa.issp.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

segawa img 瀬川耕司(せがわ・こうじ)
京都産業大学理学部教授。博士(理学)。1996年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了。同年電力中央研究所,2005年東京大学にて博士号取得,2007年大阪大学産業科学研究所助教,2008年同研究所准教授を経て,2015年より現職。おもな研究分野は,物性物理学(実験),単結晶作製,薄膜作製,輸送特性測定など。趣味は犬(ペキニーズ)の世話,家族は妻と子供3人。

https://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~segawa/index.html

kagawa img 賀川史敬(かがわ・ふみたか)
理化学研究所創発物性科学研究センターユニットリーダー。博士(工学)。2006年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員(PD),2007年JST ERATOマルチフェロイックスプロジェクト研究員,2010年東京大学大学院工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センター特任講師,2012年同研究科物理工学専攻講師を経て,2013年より現職。2014年科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞,2015年第10回凝縮系科学賞。おもな研究分野は物性物理学。趣味はテニス,映画鑑賞。
http://www.cems.riken.jp/jp/laboratory/depru

tokura img 十倉好紀(とくら・よしのり)
理化学研究所創発物性科学研究センター・センター長。東京大学大学院工学研究科教授。工学博士。1981年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程修了。1986年東京大学理学部物理学科助教授,1994年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授を経て,1995年より東大の現職,2013より理研の現職。おもな研究分野は物性物理学。

http://www.cmr.t.u-tokyo.ac.jp/
http://www.cems.riken.jp/

坪田 誠(つぼた・まこと)
大阪市立大学大学院理学研究科教授。理学博士。1987年京都大学大学院理学研究科物理学第一専攻博士課程修了。同年高知大学農学部助手,1990年東北大学流体科学研究所助教授,1997年大阪市立大学理学部助教授を経て,2004年より現職。おもな研究分野は物性理論,低温物理学。著書に『量子渦のダイナミクス/砂丘と風紋の動力学』(共著,培風館)がある。
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/phys/eep/top-j.html

hanawa img 花輪公雄(はなわ・きみお)
東北大学理事,東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻教授。理学博士。1981年東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程単位取得退学。同年同大学理学部助手,1985年同学部講師,1987年同学部助教授,1994年同学部教授を経て,1995年より同大学大学院理学研究科教授,2012年より同大学理事(教育・学生支援・教育国際交流)。おもな研究分野は海洋物理学,とくに大規模大気海洋相互作用。著書に『海洋の物理学』(共立出版),『若き研究者の皆さんへ―青葉の杜からあのメッセージ―』,『続 若き研究者の皆さんへ―青葉の杜からあのメッセージ―』(ともに東北大学出版会)。趣味は読書(ジャンルは問わず),美術館・博物館巡り。

http://www.pol.gp.tohoku.ac.jp/~hanawa/

ootuki img 大槻東巳(おおつき・とうみ)
上智大学理工学部教授。理学博士。1989年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員,1990年ドイツ物理工学研究所博士研究員,同年大阪大学教養部助手,1992年東邦大学理学部講師,1995年上智大学理工学部助教授を経て,2001年より現職。おもな研究分野は物性理論。著書に『大学生のための基礎物理学』(学術図書)がある。家族は妻と子供2人,ネコ1匹。

http://www.ph.sophia.ac.jp/~tomi

takemura img 竹村俊彦(たけむら・としひこ)
九州大学応用力学研究所教授。博士(理学)。2001年東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。同年九州大学応用力学研究所助手,2006年同研究所准教授を経て,2014年より現職。この間,2004〜2005年NASAゴダード宇宙飛行センター客員研究員を兼任。International Radiation Commission Young Scientist Award,日本気象学会学会賞,地球惑星科学振興西田賞などを受賞。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会第5次評価報告書主執筆者。おもな研究分野は気象学,大気環境学。

http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/climate/

kinoshita img 木下篤哉(きのした・あつや)
気象庁地球環境・海洋部地球環境業務課地球環境観測ネットワーク企画調整官。1985年島根大学理学部物理学科卒業。中学校・高校の講師を3年務めた後,気象庁松山地方気象台航空出張所に転職。北は札幌管区気象台から,南は長崎海洋気象台(当時)まで各地で勤務。2017年より現職。おもな研究分野は環境気象関連一般。著書に『相対論の正しい間違え方』(丸善出版)がある。さまざまな物理ネタを考察するのが趣味。最近はニコニコ動画に「たこルカの物理」シリーズを作成し,ニコニコ学会βでも発表。オタク第1世代の生き残り。家族は妻,娘2人。

http://axion.world.coocan.jp/



(掲載順)


index 2017index 7月号目次 7月号目次