index top index 2017index index
2017.06contents
2017.06 contents img

カンザス州南西部のセンターピボット灌漑。それぞれの直径は800 mまたは1600 m。くわしくはp.46からの「気候変動における陸域の複雑な役割」を参照。

stamp img
<今月の切手>
ハミルトンと4元数の切手。
64ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成29年4月14日郵模第2675号)
arti
薄膜を重ねて
2次元ファンデルワールス物質
  P. アジャヤン,P. キム,K. バネルジー 河原林 透 訳

新しい超伝導物質
銅酸化物におけるキャリヤーノンドープ超伝導
  足立 匡,小池洋二

news 赤ちゃん星のまわりで発見された渦状腕
  A. G. スマート 中村文隆
高速データ交換による24時間の機密保持
  J. L. ミラー 東 浩司 訳
重水素化不要の固体NMRによるタンパク質構造の解明
  J. L. ミラー 川村 出 訳

ニュースダイジェスト
  J. L. ミラー,R. ベルコヴィッツ,A. グラント ほか
乾いた大気から水をとり込む / カリフォルニアの最近の異常気象 / カーボンナノベルトをつくり上げる / 進化を加速させた寒冷期 ほか

クローズアップ:
 地震波の伝播とコリオリの力
  R. スナイダー,C. センス=シェーンフェルダー,E. ルイグロック 汐見勝彦 訳
 生命および宇宙における鏡像対称性の破れ
  B. A. マクガイア,P. B. キャロル 高橋淳一 訳
 「電子摩擦」が生み出す分子の非平衡ダイナミクス
  渡邊一也,安池智一

連載:温暖化問題,討論のすすめ
 気候変動における陸域の複雑な役割
  R. A. ピエルケ Sr,R. マームッド,C. マカルパイン 伊藤昭彦 訳

随想
 疑似物理学の危険な台頭
  S. ハッサーニ 蛭川 立 訳

講座:新・相対論の正しい間違え方
 正しい間違い3 宇宙背景放射が等方的にみえる座標系こそ絶対静止系である
  木下篤哉

コラム:メイドインジャパン物理用語 数理物理編
 加藤-レリッヒの定理
  新井朝雄

コラム:パリティのココロ
 大歓迎,山口東京理科大学の公立化
  大槻義彦
information corner フォーラム

7月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手
  小沼通二

今月のキーワード
コートタンパク質 / 鏡像異性体 / ファインマンの影響汎関数 / センターピボット灌漑 / ハインドキャストシミュレーション

今月のパリティ
ファインマンの夢,実現か
「ちょうど必要なだけ原子層を重ねて層状構造がつくれたら,それでどのようなことができるだろうか」。1959年カリフォルニア工科大学で開催されたアメリカ物理学会年会での講義でファインマンはいいました。それからおよそ50年がたった現在,グラフェンだけでない多種多様な原子スケールの薄膜が利用できるようになりました。物理学者はそれらを積み重ねて新しい固体物質をつくり,ファインマンの問いに答えようとしています。(p.4)

深い,おもしろい,ノンドープ超伝導
いまから100年以上昔に発見された超伝導現象は,いまやリニア新幹線やMRIなどで使われ,現代社会に大きく貢献し,また広く研究され続けています。電子ドープ型銅酸化物における新しい超伝導は,ブレイクスルーを生み出すでしょうか。(p.14)
地球の自転と地震波の関係
自転する地球に対して固定された座標系では,物体は運動方向に対して横方向にずれる力,コリオリ力が働きます。この地球の回転による力は,地球を伝播する地震波にも影響を与えるのでしょうか。最新の観測と解析を紹介します。(p.35)
折りたたみ異常に関与するたんぱく質(p.34)
エリアス2-27の星周円盤にある渦状腕の1.3 mm連続波での画像(p.22)

index top index 2017index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら