index top index 2017index index
2017.04contents
2017.04 contents img

水中顕微鏡がとらえたサンゴポリプの写真。海底で拡大し,水の流れの影響のもと撮影している。くわしくはp.26からの「水中顕微鏡によって浮かび上がる海の生命の実態」を参照。

stamp img
<今月の切手>
ハレー彗星軌道の切手。
45ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成29年2月9日郵模第2664号)
arti
2116年物理の旅
100年後の物理学の姿
  F. ウィルチェック 磯 暁 訳

無秩序相の解明にむけて
量子スピン液体は存在するか?
  T. イマイ,Y. S. リー 山下 穣 訳

news

水中顕微鏡によって浮かび上がる海の生命の実態
  J. L. ミラー 佐藤主税 訳

凍らない液滴に潜むとけない結晶
  A. G. スマート 佐田和己 訳

ナノ結晶だけからなるトランジスターの製法
  S. チャン 小田俊理 訳

原子スケールの光変調器
  R. M. ウィルソン 青木隆朗 訳

ニュースダイジェスト
  R. J. フィッツジェラルド,S. K. ブラウ,J. L. ミラー ほか
超伝導体における散逸の普遍的な下限 / 重力レンズによるハッブル定数の測定 / 電子回折でみる水素原子 / 金属水素はついに見つかったのか? ほか

クローズアップ:
 熱を流すだけで金属が磁石になる現象
  塩見雄毅,齊藤英治
 天文に関する根深い誤概念
  A. ファヴィエ,N. F. カミンズ,D. J. ベイツスキ 松村雅文 訳

講座:新・相対論の正しい間違え方
 正しい間違い1 宇宙はビッグバンで始まった
  木下篤哉

コラム:私はこうして物理を選んでしまった
 応用物理は潰しが利く学問??
  志賀信泰

コラム:パリティのココロ
 物理の世界と仏陀の世界
  大槻義彦

information corner フォーラム

5月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手
  小沼通二

今月のキーワード
人間原理 / 磁気クロストーク

今月のパリティ
100年後の物理学?
100年後,超対称性粒子は発見されているでしょうか,超弦理論はより現実味を帯びているでしょうか,量子計算機は実用化されているでしょうか。ノーベル賞物理学者ウィルチェックが描く未来予想図をのぞいてみましょう。(p.4)

スピンはゆれる
1987年に「量子スピン液体」とよばれる無秩序量子状態が理論的に予言されました。絶対零度でもゆらゆらとゆれるこの多体系は,理論と実験,双方の発展により,現実の物質に存在している可能性がみえてきました。(p.16)
顕微鏡で初観測,サンゴのキス
サンゴは絶滅を危惧されている生物の1つであり,その生態はいまだなぞに包まれています。海底のサンゴを「その場観察」するため,水中顕微鏡が開発され,知られざる習性が明らかになりました。この技術はサンゴを救うでしょうか。(p.26)

温度勾配でスピンがしみ出す
磁石であるかどうかは,物質に固有の性質で決まり,人工的に磁石をつくり出すことは容易ではありません。強磁性体と非磁性体をくっつけて熱勾配を与えると,非磁性体が磁化する現象が発見されました。そのメカニズムを探究します。(p.38)
非弾性中性子実験で求めた単結晶試料における1.6 Kでのスピン励起の強度分布(p.23)
非弾性中性子実験で求めた単結晶試料における1.6 Kでのスピン励起の強度分布(p.23)

index top index 2017index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら