index 2015index 7月号目次 7月号目次
執筆者・翻訳者紹介

fujii img 藤井賢一(ふじい・けんいち)
産業技術総合研究所工学計測標準研究部門首席研究員,質量標準研究グループ・グループ長。博士(工学)。1984年慶應義塾大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程修了。同年工業技術院計量研究所(現 産業技術総合研究所)入所。1994年米国国立標準技術研究所(NIST)客員研究員,2001年産業技術総合研究所計測標準研究部門流体標準研究室長,2012年同計測標準研究部門力学計測科長などを経て,2015年より現職。2001年文部科学大臣賞受賞。科学技術データ委員会(CODATA)の基礎定数作業部会などを歴任。おもな研究分野は熱物性,基礎物理定数,精密計測。人工原器に頼る最後のSI基本単位であるキログラムの130年ぶりの定義改定をめざす。おもな著書は『きちんとわかる計量標準』(共著,産業技術総合研究所・産総研ブックス),『〈はかる〉科学』(共著,中央公論新社)。趣味は音楽鑑賞(クラシックとジャズ)。家では双子の娘を可愛がる父親。

kuroda img 黒田和明(くろだ・かずあき)
Free Scientist。理学博士。1985年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。1989年工業技術院計量研究所(現 産業技術総合研究所)主任研究官,1989年オーストラリアクイーンズランド大学研究員,1992年東京大学宇宙線研究所助教授,1997年同教授を経て,2015年よりフリーサイエンティスト(Free Scientist)として活動。おもな研究分野は重力物理の実験的研究。アピールポイントは豊かなアイデア力と工学的センス。物理工学研究所を設立準備中。趣味はお酒。妻と2人暮らし。

tsuboi img 坪井誠司(つぼい・せいじ)
海洋研究開発機構地球情報基盤センター部長。理学博士。1986年東京大学大学院理学系研究科地球物理学専攻博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員,1987年東京大学地震研究所助手,1996年防衛大学校助教授,1999年横浜市立大学理学部助教授,2002年海洋科学技術センター固体地球統合フロンティアグループリーダー,2003年海洋研究開発機構固体地球統合フロンティアプログラムディレクター,2009年同機構地球情報研究センターデータ技術開発運用部部長を経て,2014年より現職。おもな研究分野は地震学。
http://www.jamstec.go.jp/res/ress/tsuboi/

matsumoto img 松本洋介(まつもと・ようすけ)
東京大学物性研究所助教。博士(理学)。2004年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員,2005年東京大学物性研究所リサーチフェローを経て,2007年より現職。おもな研究分野は強相関電子系,とくに重い電子系における量子臨界現象の実験的研究。極低温域における熱力学量の精密測定。趣味は大自然の中での音楽鑑賞。家族は妻,長女,長男。
http://satoru.issp.u-tokyo.ac.jp

sekii img 関井 隆(せきい・たかし)
国立天文台太陽天体プラズマ研究部准教授。理学博士。1990年東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。同年ケンブリッジ大学天文学研究所研究員,2000年国立天文台太陽天体プラズマ研究部助教授を経て,2007年職名変更により現職。おもな研究分野は太陽における波動現象とこれを使った内部探査(日震学)。趣味は読書と料理。家族は妻と娘1人,息子1人。
http://solarwww.mtk.nao.ac.jp/helioseismology/

沙川貴大(さがわ・たかひろ)

 
 
 

komura img 好村滋行(こうむら・しげゆき)
首都大学東京大学院理工学研究科准教授。理学博士。1991年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程中退,同年東京工業大学理学部文部技官,1992年京都大学理学部助手,1995年九州工業大学情報工学部助教授,1999〜2000年文部省在外研究員(ヴァイツマン科学研究所),2000年東京都立大学大学院理学研究科助教授を経て,2005年より現職。おもな研究分野はソフトマター物理。ソフトマターを通じた生命現象の理解。Twitterで情報発信中(@shigekomura)。著書に“Non-Equilibrium Soft Matter Physics”(共編,World Scientific),翻訳書に『コロイドの物理学』(吉岡書店),『ソフトマター入門』(共訳,シュプリンガー・フェアラーク東京),『ソフトマター物理学』(吉岡書店)がある。趣味はジャズ。家族は妻,娘,息子。
http://www.comp.tmu.ac.jp/shigekomura/

okamoto img 岡本隆一(おかもと・りゅういち)
首都大学東京大学院理工学研究科特任助教。博士(理学)。2007年慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻後期博士課程修了。同年京都大学理学部博士研究員,2012年京都大学福井謙一記念研究センター特定研究員を経て,2014年より現職。おもな研究分野は相転移,化学物理,ソフトマター物理の理論,シミュレーション。基礎的な問いを大事にすることを心がけている。趣味といえるかわからないが音楽鑑賞が好き。余裕ができればヴァイオリンの練習を再開したい。家族は妻。
http://www.comp.tmu.ac.jp/okamotoryuichi/index.html

aoki img 青木和光(あおき・わこう)
国立天文台准教綬。博士(理学)。1999年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年国立天文台COE研究員,同天文台助手・助教を経て,現在同天文台TMT推進室准教綬。おもな研究分野は恒星物理学,天体分光学。現在,超大型光学赤外線望遠鏡TMTの建設計画を進めている。おもな著書は『星から宇宙へ』(新日本出版社)。趣味はランニング。家族は妻と息子。

yamazaki img 山崎雅人(やまざき・まさひと)
東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構特任助教。博士(理学)。2010年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。2010年プリンストン大学理論科学センター博士研究員を経て,2013年より現職。おもな研究分野は超対称ゲージ理論,超弦理論。趣味は数学。
http://member.ipmu.jp/masahito.yamazaki/index.shtml

tanaka img 田中貴浩(たなか・たかひろ)
京都大学大学院理学研究科教授。博士(理学)。1995年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士後期課程修了。同年日本学術振興会特別研究員PD,大阪大学大学院理学研究科助手,2000年京都大学基礎物理学研究所助教授,2003年同大学理学研究科助教授,2007年同准教授,2008年同大学基礎物理学研究所教授を経て,2014年より現職。おもな研究分野は重力波,宇宙論。新学術領域「重力波天体の多様な観測による宇宙物理学の新展開」研究計画A05「重力波天体の多様な観測に向けた理論的研究」の研究代表者。趣味はギター弾き歌い。最近は控えているが,まわりからは迷惑がられている(とくに,音楽にうるさい妻)。
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~tanaka/

oba img 大場一郎(おおば・いちろう)
早稲田大学名誉教授。理学博士。1968年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了。1967年同大学理工学部助手,1970年同専任講師,1972年同助教授を経て,1977〜2010年まで同教授。専門分野は粒子物理学,量子基礎論。著書に『散乱の量子力学』(岩波書店),『相対論に必要な数学』(共立出版),『小林・益川の理論』(物理学最前線16)(共立出版),『理工系の標準力学』(培風館),訳書に『新 目で楽しむ量子力学の本』(丸善),『ファインマン・レクチャー 素粒子物理学』(丸善),『ペレス 量子論の概念と手法』(丸善)などがある。

katsumoto img 勝本信吾(かつもと・しんご)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1983年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。1983年NTT茨城電気通信研究所,1986年東京大学理学部助手,1993年東京大学物性研究所助教授を経て,2004年より現職。おもな研究分野は,低温物理学,量子物性。著書に『パリティブックス ポケットに電磁気を』(丸善),『メゾスコピック系』(朝倉書店),『量子の匠』(丸善出版),『半導体量子輸送物性』(培風館)などがある。家族は妻,長男。
http://kats.issp.u-tokyo.ac.jp/



(掲載順)


index 2015index 7月号目次 7月号目次