index 2015index 1月号目次 1月号目次

今月のキーワード

アモルファス氷 /電気双極子能率

●アモルファス氷[amorphous ice]
結晶状態の氷では水分子が規則性をもって配列しているのに対し,水分子が不規則に配列した固体状態がアモルファス氷である。液体に近いが流動性がない固体状態であり,ガラス状態ともよばれる。(p.68「水の第2の液相:「融ける」氷が手掛かり)

●電気双極子能率[electric dipole moment]
電気双極子能率(EDM)とは粒子の電荷分布の偏りを示し,大きさqの等しい正負の電荷が距離r離れて存在するとき,dqrrは負電荷から正電荷へ向かうベクトル)と表される。時間を逆回しする時間反転によって,古典的には,自転に相当する粒子のスピンの向きは反転するが,電荷の偏りを示すEDMは変化しない。これは,スピンとEDMの関係が異なる粒子が存在することを意味しており,物質を形づくる基本相互作用において,時間反転に対する不変性が破れることを示す。(p.70「電子の永久電気双極子能率の上限値を更新!」)

index 2015index 1月号目次 1月号目次