index top index 2014index index
2014.06contents
2014.06 contents img

超伝導体でできており,磁気浮上しているエッフェル塔の模型と本物のエッフェル塔。くわしくは,40ページからのクローズアップ「量子物理を万人に」を参照。

stamp img
<今月の切手>
バンアレン帯の切手。
39ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成26年4月25日郵模第2452号)
arti
マントルが核を支配する
不老の泉を見つけた地球ダイナモ
  P. オルソン 清水久芳 訳

乱流のミステリーが今世紀には解決するかも!?
乱流の壁効果
  A. J. スミッツ,I. マルシッチ 神部 勉 訳

光学分光に革命をもたらす
コヒーレント多次元レーザー分光法
  S. T. カンディフ,S. ムカメル 谷村吉隆 訳
arti 生命を育める地球類似系外惑星は宇宙にありふれている
  B. M. シュワルツシルド 成田憲保 訳
NMRで化学反応の温度を測る
  R. M. ウィルソン 後藤貴行 訳

ニュースダイジェスト
  B. M. シュワルツシルド,J. L. ミラー,S. G. ベンカ ほか
微視的なブラックホールを探す / ペロブスカイト太陽電池における欠陥の物理 / 液体生体組織検査におけるマクロファージ / 液状化学物質や燃料を天然ガスから得る ほか

クローズアップ:
 量子物理を万人に
  J. バブロフ 江沢 洋 訳
 光合成における過剰光エネルギー消去のメカニズム
  得津隆太郎,皆川 純
 異常ネルンスト効果を利用した熱電発電
  桜庭裕弥,高梨弘毅

講座:物理の基礎的10の法則 第3回
 作用原理
  細谷暁夫

コラム:パリティのココロ
 大学生の平均読書時間ゼロが40%以上
  大槻義彦
information corner フォーラム

7月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
プロトンNMR / 光化学系II / qEクエンチング / スキュー散乱

今月のパリティ
磁場をもつ惑星,なくしてしまった惑星
太陽系のほとんどの惑星は,進化のある時点で自励ダイナモができていたと考えられています。しかし地球以外の地球型惑星では,ほどなくしてそれが失われてしまいました。地球だけが“不老の泉”を手に入れたかのように,現在も磁場を生成し続けているのはなぜでしょうか。(p.4)

古典物理学最後の未解決問題への挑戦
もっともありふれていて,もっとも重要で,かつもっとも複雑な流体運動である乱流は,古典物理学最後の未解決な大問題といわれます。乱流場に固体壁がある場合について,理解はなかなか進みませんでした。しかし,最近の計算や実験の進歩により,ついに停滞を脱しようとしています。(p.13)
1次元的な分光では絶対得られない情報も,見逃さない
2次元分光法は複雑な多体系の分析を可能にし,物性物理や生物物理に大きな貢献を果たしました。とくに,コヒーレント2次元分光法に必要な技術は核磁気共鳴のそれとよく似ていますが,はるかに高い時間分解能,空間分解能を達成しようとしています。(p.22)

ふつうのやり方では,ふつうの人々にしか伝わらない
超伝導の発見100周年を迎え,フランスの物性物理学者たちはこの不思議な現象を多くの人々に紹介しようと考えました。でも,もともと興味のない人を振り向かせるのは難しいことです。そこで彼らが芸術家やデザイナーの協力を得てくり広げた,型破りな試みとは…。(p.40)
地球ダイナモ内部の磁力線と流れのシミュレーション(p.9)
地球ダイナモ内部の磁力線と流れのシミュレーション(p.9)

index top index 2014index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら