index top index 2013index index
2013.12contents
2013.12 contents img

バルク金属ガラスの一種である白金ナノロッド。くわしくは16ページからの解説「バルク金属ガラス」を参照。

stamp img
<今月の切手>
ニールス・ボーアの切手。
15ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成25年10月17日郵模第2417号)
arti
ループ量子重力理論の最前線
量子的な時空の誕生への回帰
  M. ボジョワルド 辻川信二 訳

強くても加工しやすい最強の材料
バルク金属ガラス
  J. シェロアーズ 増本 健 訳

環境に合わせた自発的な運動
真核細胞の走化性の物理
  H. レビン,W-J. ラペル 上田昌宏 訳
arti ノーベル物理学賞:質量の起源とヒッグス機構
  窪田高弘,花垣和則

ノーベル化学賞:複雑化学系へのマルチスケールモデルの発展
  大峯 巌

ノーベル医学・生理学賞:細胞内のタンパク質の交通整理
  中野明彦

超新星残骸における宇宙線陽子生成
  B. M. シュワルツシルド 田中孝明 訳

ニュースダイジェスト
  B. M. シュワルツシルド,J. ミラー,S. K. ブラウ ほか
新しく見つかったマイクロ波背景放射の偏光モード / チップ上での粒子加速 / 配座異性に依存する反応性 / エルニーニョが嵐を強め, 移動させる ほか

クローズアップ:
 放射線と食品の出会い
  J. S. ディクソン 吉田和生 訳
 2次元有機材料:チオフェンナノシート
  池田太一

講座:高エネルギー天体物理学 第9回
 相対論的ジェットとビーミング効果
  高原文郎

コラム:物理っておもしろい?
 太陽系の普遍性・多様性に魅せられて
  寺田健太郎

コラム:パリティのココロ
 東京大学の秋入学制度撤回は当然
  大槻義彦
information corner フォーラム

1月特大号予告

パリティ2013年総目次

パリティ2013年総目次〈分野別〉

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
走化性 / 非可換ゲージ場理論 / 食品照射 / ダビドフ分裂

今月のパリティ
すべてが始まった, その“とき”とは?
万物がどのように始まったのかという問いは,何千年も前から人々を引きつけてきました。科学的な発見はそのたびに,始まりのときを過去へと押しやり,それはいまや宇宙論の領域にあります。物質は時空から生じるとしたら,その空間と時間はいったいどのように始まったのでしょう。(p.4)

金属なのに結晶化していない,不思議で魅力的な物質
かつて金属は,どのように冷やしても結晶化してしまうと思われていました。しかしこの数十年,さまざまな組成のバルク金属ガラスが見つかってきました。強いうえに加工もしやすいこの材料は,ほかにはない魅力的な機械的・熱力学的特性を備えています。(p.16)
傷が治るのも,化学物質に対する細胞の応答のおかげ
細胞は化学物質の濃度勾配を検出し,細胞内部でのやりとりを通して勾配情報を処理し,細胞自身の形態を変えて応答します。傷の治癒や受精といった重要な生物学的過程の基礎をなしているのは,統計物理学や物質科学など,さまざまな物理学なのです。(p.24)

放射線を照射した食品は,受け入れられる?
殺菌などを目的とした食品への放射線の照射には,有害物質による汚染のリスクを排除できるといった利点があり,放射性の副生成物も生じないといいます。しかしながら,多くの人は“放射線”という言葉に身構えてしまうでしょう。どうしたら人々を安心させられるのでしょうか。(p.48)
走化性を示す細胞の移動の様子(p.25)
走化性を示す細胞の移動の様子(p.25)

index top index 2013index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら