index top index 2013index index
2013.10contents
2013.10 contents img

より完璧で,より単純な理論を求める素粒子論の探究は,「美しさ」という主観的な感覚と深く関係しているのかもしれない。くわしくは4ページからの特集「美と素粒子論」を参照。(大阪大学理学部 橋本幸士氏作成,黒板写真:西村勇人氏)

stamp img
<今月の切手>
標準模型を表した切手。
19ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成25年8月29日郵模第2404号)
特集記事
特集:「美と素粒子論」

巻頭言:素粒子物理学者を魅了する「理論の美しさ」とは?
橋本幸士

素粒子論と美
風間洋一

標準模型の美しさ
D. トン 矢崎紘一 訳

特別インタビュー:九後汰一郎氏に聞く「単純さの美と素粒子論」
九後汰一郎(聞き手:本誌編集委員 橋本幸士)

芸術,双対性,そして弦理論
D. S. バーマン 矢崎紘一 訳

物理学者に美意識は必要か?
山崎雅人

物理理論の美しさを目で見る
S. ホイスラー 矢崎紘一 訳
arti 強磁場電磁石はもういらない?
ゼロ磁場核磁気共鳴
  M. P. レッドベター,D. バッカー 後藤貴行 訳

微生物の集団運動の物理
遊泳微生物の魅惑の集団ダンス
  E. ラウガ,R. E. ゴールドスタイン 上村慎治 訳
arti 河川ネットワークの隠れた秩序
  A. G. スマート 湯川 諭 訳

新しいグラフェントランジスター
  中払 周,佐藤信太郎

膨らむゲルで立体形状を設計する
  R. M. ウィルソン 森口裕之 訳

ニュースダイジェスト
  R. J. フィッツジェラルド,C. デイ,S. G. ベンカ ほか
ついに見つかった銅酸化物超伝導体における相転移の兆候 / レーザーダイオードによる照明 / 火星の岩石の崩壊 / 多孔質タンパク質を通り抜ける水の経路 ほか

クローズアップ:
 地球型惑星の内部進化
  小河正基
 ノーマン・ラムゼー博士とラムゼー共鳴法
  D. クレップナー 盛永篤郎 訳

講座:高エネルギー天体物理学 第7回
 衝撃波統計加速
  高原文郎

コラム:メイドインジャパン物理用語 物性編
 蔵本-シバシンスキー方程式
  郡 宏

コラム:物理っておもしろい?
 アウトドアの科学計測
  久世宏明

コラム:パリティのココロ
 民間人校長公募の挫折
  大槻義彦
information corner フォーラム

11月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
分子モーター / 鞭毛同期運動 / バクテリア乱流 / スペースプラズマ

今月のパリティ
複雑な標準模型の正しい鑑賞法
素粒子の標準模型は多くの粒子と力の寄せ集めで,20個ほどのパラメーターがあり,恣意的で複雑に見えます。しかし,標準模型は見方によっては,並はずれて美しいものです。それはまるで,いろいろな形のピースが唯一可能な解としてはめ込まれた完璧なジグソーパズルのようです。(p.6)

弦理論と芸術の共通点を探る
20世紀の美術や音楽には,その思想の源流を物理学に求めたものも多く,芸術も物理学も日常的な感覚や直観を超えることが1つの動機となっています。抽象的で高度な数学を用いる弦理論では,双対性という概念によって,自然に隠された新たな対称性を発見していきます。(p.10)
スピンからたくさんの有用な情報をとり出す
超低磁場もしくは磁場をまったく用いない核磁気共鳴法(NMR)や磁気共鳴映像法(MRI)が注目を集めています。スピンから多くの情報を引き出す技術の革新によって,経済性や可搬性が大きく向上し,さまざまな応用が考えられています。(p.20)

微生物の運動と流体力学の関係を明らかに
個々の微生物細胞の遊泳運動とその細胞が相互作用しながら生み出す集団運動は,生物物理学のホットなトピックです。非線形力学,生体工学,そして流体力学という広い学問分野が組み合わさることで,微生物の運動の物理がわかってきました。(p.30)
フロリダ州ブリストル近郊の河川の樹状ネットワーク(p.39)
フロリダ州ブリストル近郊の河川の樹状ネットワーク(p.39)

index top index 2013index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら