index top index 2013index index
2013.09contents
2013.09 contents img

kg再定義の研究に使われている単結晶シリコン球体。質量は1 kg,直径は93.6 mmであり,独立行政法人産業技術総合研究所における質量と体積の絶対測定により,その密度が決定されている。(写真提供:独立行政法人産業技術総合研究所 計測標準研究部門,藤井賢一氏と倉本直樹氏のご厚意による。)

stamp img
<今月の切手>
マーティン・ライルの切手。
55ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成25年7月22日郵模第2398号)
arti
高エネルギー現象の新たな描像
フェルミガンマ線宇宙望遠鏡で探る極限宇宙
D. J. トンプソン, S. W. ディゲル, J. L. ラクシン 米徳大輔 訳

オリオン星雲はどのように生まれたか?
天の川における星団の誕生と死
S. W. スターラー 中村文隆 訳

基礎定数による単位の再定義をめざして
プランク定数でkgを定義するって,いったいどうするの?
大苗 敦,洪 鋒雷,清水忠雄
arti ヘリウム3は2次元空間で液化するか?
  A. G. スマート 福山 寛 訳

粘性流体の指状紋
  R. M. ウィルソン 神部 勉 訳

“構造若返り”による金属ガラスの異常軟化現象
  土谷浩一

ニュースダイジェスト
  B. シュワルツシルド,S. K. ブラウ,C. デイ ほか
ビッグバン元素合成のもっとも確実な証拠 / 音は出すけれどうるさすぎない電気自動車 / トカゲはどうやって砂の中を泳ぐのか / ミューオン散乱による福島原発の調査 ほか

クローズアップ:
 新しいBiS2系層状超伝導体の発見
  水口佳一
 生体物質イミダゾールの強誘電性と反強誘電性
  堀内佐智雄

講座:高エネルギー天体物理学 第6回
 非熱的粒子の加速機構
  高原文郎

理科教育:
共鳴トンネル効果における波動関数の解析的考察
  任 正爀

コラム:物理っておもしろい?
 物理を楽しむ者でありたい
  本宮佳典

コラム:パリティのココロ
 原研の「放射能漏れ事故」に学ぶ
  大槻義彦
information corner フォーラム

10月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
フェルミ加速 / O型星,B型星 / ビリアル速度 / 金属ガラスの構造若返り

今月のパリティ
暗黒物質探しにもつながるガンマ線観測
2008年に打ち上げられたフェルミガンマ線宇宙望遠鏡によって,高エネルギー天体物理学は大きく進展しました。搭載された観測装置やその特性を解説し,中性子星,ガンマ線バースト,暗黒物質などについての最新の成果を紹介します。(p.4)

星団の寿命はどのように決まるのか?
星が誕生する現場である星団には大きく分けて3つのタイプがあり,そのそれぞれで形成過程と崩壊過程が異なります。近年の観測結果や理論モデル,星団の進化についての現在の知見を解説します。(p.14)
質量の単位の定義が変わってしまう?
質量を含む7つのSI基本単位系のすべてを基礎物理定数によって統一的に定義しようという動きが進んでいます。「測る」という物理学の基本において単位系の果たす役割,SI単位系の再定義の意義,kgの再定義の現状を解説します。(p.24)

自然界でもっとも希薄な液体の不思議
ヘリウム3は理想的な2次元運動では絶対零度でも液体にならないと理論的に考えられていました。一方,実験によるとヘリウム3は擬似的な2次元空間で液化することが知られています。理論と実験の不一致について,最新の実験の成果を踏まえて解説します。(p.34)
オリオン星雲星団(p.15)
オリオン星雲星団(p.15)

index top index 2013index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら