index top index 2013index index
2013.02contents
2013.02 contents img

2011年東北地方太平洋沖地震による太平洋での津波の波高分布。くわしくは,14ページからの解説「東北地方太平洋沖地震からみえてきたこと」を参照。(Image courtesy of NOAA.)

stamp img
<今月の切手>
金星の太陽面通過の切手。
23ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成24年12月19日郵模第2356号)
news
大気の電離の謎が,素粒子と宇宙の研究への道を拓いた
宇宙線の一世紀
P. カールソン 牧島一夫 訳

巨大地震はなぜ起こったのか
東北地方太平洋沖地震からみえてきたこと
T. レイ,金森博雄 佐藤魂夫 訳

直径500 kmの衛星が,土星系全体に影響を及ぼしている
水の衛星エンケラドス
J. スペンサー 濱野景子,阿部 豊 訳

“不都合な真実”は温暖化問題が初めてではなかった
科学論争今昔
S. シャーウッド 矢崎裕二 訳
news リュードベリ状態を使った新しい単一光子源
J. ミラー 久我隆弘 訳

メタマテリアルによる熱流制御
佐藤雄基

ニュースダイジェスト
R. J. フィッツジェラルド,A. G. スマート,R. M. ウィルソン ほか
“立方晶氷”のさまざまな様相 / 2次元ヘリウム3液体の基底状態? / ほぼ完全に赤外線を吸収する極薄の薄膜 / まだ見つからない分数電荷の粒子 ほか
クローズアップ:
  銀河の進化をみる
  C. J. コンセリス 石坂千春 訳

理科教育:18歳からの物理
  高エネルギー天体物理学
  牧島一夫

講座:変分原理と物理学 第11回
  非平衡統計力学と変分原理I:不可逆性とエントロピー生成
  鈴木増雄

連載:女性研究者活躍の場は拡大されたか?
  杜の都の女性研究者たち:自立し,共生し,未来を育み,サイエンスを拓く人材の育成
  田中真美,米永一郎

コラム:パリティのココロ
 全学英語化
  大槻義彦
information corner フォーラム

3月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
霧箱 / 潮汐力 / 温室効果論 / リュードベリブロッケイド / 暗計数率 / 座標変換 / フォノン / 暗黒物質 / 銀河中心巨大ブラックホール / 中性子星

今月のパリティ
気球での飛行が拓いた20世紀の物理学
ヘスの発見から100年,宇宙線の研究はじつに目をみはる進展をとげてきました。今日では素粒子実験の技術から大きな恩恵を受け,人工衛星上の大型検出器も成果を上げています。宇宙線研究は今後も,素粒子の世界を宇宙につなぐ,数多くの重要な発見をもたらしてくれるでしょう。(p.4)

東北地方太平洋沖地震の物理学的な検証
2011年の地震は,モーメントマグニチュード9.0の巨大地震で,全地球的な地殻変動,津波,大気波を引き起こしました。巨大地震はどのようにして起こり,それは地球をどのように揺るがしたのか,地震学,地球物理学の観点から検証します。(p.14)
液体の水,そこに生命は存在しているのか
H2Oは宇宙でもありふれた分子ですが,液体の水を探そうとすると,安定に存在できる温度と圧力の条件を満たすところはとたんに狭くなってしまいます。そんな希少な液体の水が宇宙空間に噴き出している場所を,カッシーニ探査機が発見しました。それが土星の衛星,エンケラドスだったのです。(p.24)

新しい科学が世の人々に受け入れられるには
地球温暖化の科学は,物理学が見いだした不都合な真実の1つです。大方の専門家は合意しているのに対し,一般市民にはまだ十分に受け入れられていません。このような社会の反応は,科学の歴史のなかで何度もくり返されてきたのです。(p.34)
キメラマウスの作製(p.27)
NGC6745での銀河衝突(p.53)

index top index 2013index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら