index top index 2012index index
2012.11contents
2012.11 contents img

ハワイのキラウエア火山の噴火の様子。マグマの源であるホットスポットと火山の関係については,4ページの解説「地球深部からのマントル上昇流を探せ」を参照。(U.S. Geological Survey/photo by Michael Poland)

stamp img
<今月の切手>
ハイゼンベルクの生誕100年記念切手。49ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成24年9月19日郵模第2339号)
articles
世界に点在するホットスポットの起源は何か
地球深部からのマントル上昇流を探せ
E. ハンフリーズ,B. シュマント 末次大輔 訳

次元解析によって,系の相似性がみえてくる
無次元の科学,動力学的相似性
D. ボルスター,R. E. ハーシュバーガー,R. J. ドネリー 神部 勉 訳

かつてないパラメーター領域の磁場と乱流に挑む
実験室での磁気ダイナモ
D. P. ラースロップ,C. B. フォレスト 横井喜充 訳

数学者との出会いが“パリティの破れ”という大発見を生んだ
量子数,チャーン類,そして菩薩
C. N. ヤン 風間洋一 訳
news ソノルミネセンス気泡の内部を探る
A. G. スマート 安井久一 訳

延命したうるう秒
T. フェダー 花土ゆう子 訳

ブラインド量子コンピューターの登場
J. ミラー 伊藤公平 訳

ニュースダイジェスト
A. G. スマート,R. M. ウィルソン,B. シュワルツシルト ほか
実験室で生を受けた“キメラ”たち / 平らな板の間で伸びる粘性指状体 / 太陽の活動周期と形状の関係 / 地球大気の舞台に上がった謎の存在 ほか
クローズアップ:
 不確定性関係をめぐる攻防
  長谷川祐司

講座:変分原理と物理学 第8回
 ファインマンの経路積分(その2)
  鈴木増雄

随想:22世紀の物理学を考える
 未来は霧の中
  駒宮幸男

コラム:メイドインジャパン物理用語
 大久保-ツヴァイク-飯塚の規則
  政池 明

コラム:パリティのココロ
 化学分野は「落ちめ」か?
  大槻義彦
information corner フォーラム

12月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
磁気拡散率 / 差動回転 / 8道説 / キャビテーション / 制動放射 / 協定世界時 / 一方向量子計算 / 小澤の不等式

今月のパリティ
ホットスポット火山の原因となるプルーム理論とは
地球内部を地震波で見ると,地球深部から岩石が柱状に上昇している様子をみることができます。このマントルプルームとよばれる現象こそが,米国のイエローストーン火山など,ホットスポットの火山活動の原因であることがわかってきました。(p.4)

系の変数を減らす,魔法のような解析手法
流体を循環させる装置の設計には,装置の大きさ,流体の密度や粘性率により,流れがどのように変化するかを知る必要があります。でもそれらの変数は,温度や圧力に依存するかもしれません。このような難問を簡単にしてくれるのが,次元解析なのです。(p.12)
地球や太陽の磁場の未来を予測するには
惑星から銀河団にいたるまで,知られている天体プラズマはいずれも,磁化された乱流の状態にあります。地球ではその磁場が太陽風を遮蔽してくれることがわかっていますが,外核の融けた鉄の乱れた流れがどのようにして地球の磁場をつくっているのかさえ,じつはまだよくわかっていないのです。(p.20)

自然と数学の深い関係についての,直観と予感
第二次大戦後まもないある日のシカゴ大学のカフェテリアで,物理学教室の大学院生たちの昼食会に同席していたのは,ある高名な数学者でした。後に“パリティの破れ”の発見でノーベル物理学賞を受賞するヤンが,どのようにその邂逅の意義を理解するにいたったのかを回想します。(p.29)
ソノルミネセンス気泡。青色が明るい領域。(p.35)
ソノルミネセンス気泡。青色が明るい領域。(p.35)

index top index 2012index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら