index top index 2012index index
2012.07contents
2012.07 contents img

ドイツのマックス・プランク研究所(ベルリン)にある,直径0.5mの分子シンクロトロン。くわしくは,33 ページのクローズアップ「分子のメリーゴーラウンド」を参照。(Courtesy of Fritz-Haber-Institut der Max-Planck-Gesellschaft.)

stamp img
<今月の切手>
セルシウスの切手。18 ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成平成24年5月22日郵模第2315号)
news
基礎物理からも天文からも待ち望まれたもの
「かぐら」と重力波天文学の展望 梶田隆章

新型メモリデバイスへの応用も?
磁気秩序なしに起こる新しい巨大ホール効果  中辻知
news 電子の電気双極子能率の上限値をついに更新
B. シュワルツシルト 酒見泰寛訳

光吸収を用いた1分子計測法
J. ミラー 上村想太郎訳

生細胞の量子プローブとして有望なナノダイヤモンド M. ウィルソン 磯谷順一訳

ニュースダイジェスト
 J. ミラー,S. K. ブラウ,R. M. ウィルソン ほか
DNAを利用したセンサーが鼻の秘密に迫る/古代マヤの遺跡が明らかにした1200年前の天文学の数表/超音波をひとひねり/ ナノ細線中のマヨラナフェルミオン?  ほか
クローズアップ:
分子のメリーゴーラウンド B. フリードリッヒ 東俊行訳

大規模停電はどうして起こるか? 加藤政一

理科教育:第42回国際物理オリンピックと物理チャレンジ2011 並木雅俊

講座:変分原理と物理学 第4回
力学法則と変分原理(その2) 鈴木増雄

随想:22世紀の物理学を考える
物性物理学のゆくえ:化学との融合と総合物質科学への道 榎敏明

連載:温暖化問題,討論のすすめ
エンジニアからみた熱流体力学の数値シミュレーション 吉田英生

コラム:メイドインジャパン物理用語 素粒子・原子核編
九後‐小嶋の物理的条件 近藤慶一

コラム:パリティのココロ
論文引用回数の“やらせ”? 大槻義彦
news フォーラム

8月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
レーザー干渉計/ 重力波の波形/スピン液体/ 飽和磁化/ 標準模型/電気双極子能率/ スクイーズド光/量子コヒーレンス/ サイクロトロン

今月のパリティ
重力波を初めてとらえるのは誰?
アインシュタインの予言からほぼ1 世紀を経た2010 年,重力波の初観測をめざして,大型低温重力波望遠鏡「かぐら」の建設が始まりました。日米欧で進行している重力波観測プロジェクトの現状と,世界の研究機関が協働して研究を進めている重力波天文学の将来を語ります。(p.4)

新しい量子液体の解明をめざして
19 世紀後半に発見されたホール効果は,基礎的な電子輸送現象として初等物理でも教えられてきました。ふつう磁場あるいは磁化が必要とされるこの効果を,磁気秩序のない状態で自発的に示す磁性体がみつかり,巨視的な時間反転対称性が破れているものと期待されています。(p.11)
中性分子がぐるぐる回る
円型加速器に閉じ込められ,加速された荷電粒子の衝突は,これまで驚きに満ちた素粒子の世界を解き明かしてきました。いまや私たちはこれと同様に,大量の中性分子を閉じ込める装置をつくろうとしています。分子ビームはわずか千分の1秒の舞台で,多種多様な演技を見せるのです。(p.33)

電力系統の周波数が問題?
今年の夏も電力供給が不足し,大規模停電の発生が危惧されています。ふつうの停電は,災害で送電線など送変電設備が損傷して起こるのが一般的ですが,それだけで広範囲に及ぶことはありません。なぜ大規模停電は発生し,どのような対策をとれば防げるのでしょうか?(p.36)
ナノダイヤモンドをとり込んだ生細胞
ナノダイヤモンドをとり込んだ生細胞(p.28)

index top index 2012index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら