index top index 2012index index
2012.02contents
2012.02 contents img

ローマ神話のヤヌス神の胸像( バチカン博物館所蔵)。正反対を向いた2 つの顔は,過去と未来,始まりと終わりに向けられている。親水性と疎水性など,単位構造中に異なる要素をあわせもつヤヌス粒子は,この神にちなんで名づけられた。くわしくは,40 ページからのクローズアップ「ヤヌス粒子」を参照。

stamp img
<今月の切手>
マリア・ゲッパート=メイヤーの切手。
27 ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成平成23 年12月22日郵模第2289号)
news
ステンドグラスから,がん治療,太陽エネルギー変換まで
ナノプラズモニクスの物理と応用
M. I. ストックマン 竹井弘之訳

新しいタイプのボース‐アインシュタイン凝縮へ
励起子ポラリトンの凝縮体
D. スノーク,P. リトルウッド 宇都宮聖子,楠戸健一郎訳

つくることと,理解すること
生命をつくる 
R. ジョーンズ 木賀大介訳
news 光速を超えたニュートリノ? 橋本幸士
不完全だった有害紫外線予測 渡邉真吾
マイクロ流体デバイスによる蛍光観察実験の効率化
A. G. スマート 北森武彦訳


ニュースダイジェスト
 R. M. ウィルソン,J. ミラー, S. K. ブラウ ほか
偽造されたからみ合い/ 素子にやさしいキュービット? /多面粒子を鋳型でつくる/ 初めてかいま見えた原始物質  ほか
クローズアップ:
ヤヌス粒子 S. グラニック,S. ジャン,Q. チェン 松下未知雄訳

ニュートリノの質量と物質の起源 R. N. モハパトラ 浜口幸一訳

[随想]

22世紀の物理学を考える
22世紀の物理科学はどうなるか? 吉田博

[連載]

温暖化問題,討論のすすめ
いまさら温暖化論争? 江守正多

みんなの物理 素朴な疑問Q&A
寒い冬,暖かく暮らすにはどうしたらいいの? 一宮彪彦

[講座]

ベクトルでつづる物理学 第11回
ベクトルを裏返す 青野修

[コラム]

メイドインジャパン物理用語
素粒子・原子核編 藤川の方法 鈴木博

[コラム]

物理っておもしろい?
一般の社会でも役立つ物理の楽しさ 大竹暁

[コラム]

パリティのココロ
大学進学に価値なし? 大槻義彦
news フォーラム

3月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手

今月のキーワード
エバネセント波/ 免疫アッセイ/ 準粒子/光共振器/ ラビ分裂/ 薬物送達システム/レイノルズ数/ 自己組織化構造/ 共焦点顕微鏡/RNA転写/ ミセル/ シーソー機構

今月のパリティ
古くて新しい?! 表面プラズモンとその応用
金属ナノ粒子中の電子に光が当たって生じる振動,表面プラズモンは,金属表面から数〜数十nmの空間に光学現象を起こします。「電磁場は1/2波長以下の領域に集束できない」という常識からすると不思議にも思えるその現象は,ステンドグラスの鮮やかな色とも深く関係しています。(p.4)

ますます加速するポラリトン凝縮の研究
ポラリトンとは,光子と固体中の電子の励起状態の量子力学的な重ね合わせで形成される準粒子です。ポラリトン凝縮は典型的なBECの特徴を示すことで知られていますが,準粒子を2次元シートに閉じ込める微小共振器構造の登場によって,その制御や観測は劇的な進展を遂げています。(p.13)
つくることができないと,理解したとは言えないのか?
昨年,人が設計して合成したゲノムを,細菌の細胞に導入したことが報じられました。このニュースに対して,“初の人工細胞”をつくり出した喜びと,神のようなふるまいへの警告の声が同時にあがりました。「生命をつくる」ということに,人間はどこまで近づいたのでしょうか。(p.22)

特殊相対論と相いれない実験結果は本物なのか?
2011年9月,衝撃が世界を駆け巡りました。ニュートリノが光よりも速く運動している証拠を,実験でつかんだというのです。その舞台,CERNで開催されたセミナーでは,聴衆の質問と議論が渦巻きました。これは本当に,物理学の根幹をゆるがす大発見なのでしょうか?(p.28)
RNAポリメラーゼ‐グルタミン酸塩の転写速度
RNAポリメラーゼ‐グルタミン酸塩の転写速度(p.36)

index top index 2012index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら