index top index 2012index index
2011.12contents
2011.12 contents img

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」が撮影したイトカワと,地球に持ち帰られたイトカワの塵粒子の顕微鏡写真。くわしくは69ページの「はやぶさの試料からわかった小天体表層過程」を参照。(イトカワ写真: JAXA)

stamp img
<今月の切手>
ラジオアイソトープ利用50 周年の記念切手。
103ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成平成23 年11月14日郵模第2282号)
特集記事
2011年の成果の総まとめ
特集:物理科学,この1年
原子・分子物理,量子エレクトロニクス 松尾由賀利編
流体力学,プラズマ物理 伊藤公孝,伊藤早苗編
物性物理 小野嘉之編
原子核物理 国広悌二編
素粒子物理 橋本幸士編
宇宙・天体物理 関井 隆編
地球惑星物理 永原裕子編
生物物理 安田賢二編
news ボース‐アインシュタイン凝縮体の結晶化を“見る”
M. ウィルソン 鳥井寿夫訳


ニュースダイジェスト
 R. M. ウィルソン,J. ミラー, S. K. ブラウ ほか
画像圧縮技術を組み合わせた顕微鏡/ 表面で拡散する分子ひとつひとつを観察する/ 水素分子の負イオン/無痛診断のために散乱光をそろえる  ほか
[随想]
22世紀の物理学を考える
サイエンス連邦の“リーダー”として,人類に希望を与える物理学 和田昭允

[連載]

温暖化問題,討論のすすめ
地球温暖化論のメンタリティ--社会心理学的にみた気候変動問題 伊藤公紀

[講座]

ベクトルでつづる物理学 第10回
ベクトルは状態を表す 青野修

[コラム]

物理っておもしろい?
物理学は鑑賞の対象になりうるか? 多々良源

[コラム]

パリティのココロ
大地震と電離層変化 大槻義彦
news 今月の切手

フォーラム

2月号予告

パリティ2011年総目次

パリティ2011年総目次〈分野別〉

執筆者・翻訳者紹介


今月のパリティ
実験室で悪魔はつくれる!?
すべての分子の速度を知る知性が存在すれば,熱力学の第2法則が破られてしまう――そんな知的存在,“マクスウェルの悪魔”をシミュレートする実験が,回転ブラウン運動をする微粒子でなんと実際に行われました。その結果は,粒子の熱ゆらぎを仕事に変換できると暗示するものでした。(p.8)

重力理論が熱力学から出現する?
古典論では一般相対論として完成しているのに,量子力学的には理解することができない重力。いったい何が問題なのでしょうか? アインシュタイン方程式は状態方程式のようなもので,それ自身は量子化すべきものではないという提案が,大きな注目を集めています。(p.45)
放射性物質を地球規模で拡散した犯人とは
東京電力福島第一原子力発電所が発生源と考えられる放射性物質は,ごく低いレベルですが北米や欧州でも検出されました。わずか数日のうちに1万km以上離れた地域まで運ばれたのは,低気圧の強い上昇気流で巻き上げられ,強い偏西風ジェット気流によって移流されたためでした。(p.67)

DNAで“分子ロボット”をつくる
DNAは,その1次元に並んだ塩基配列を自在に設計することで,分子の集団の形だけでなくふるまいまで“プログラム”できる魅力的な高分子です。塩基配列に情報を組み込むことで,目的のシステムを自ら構築し,自分で動き回ったり考えたりする“分子ロボット”を実現できるかもしれません。(p.72)
ALICE 実験でみるLHC 陽子衝突事象
ALICE 実験でみるLHC 陽子衝突事象(p.48)

index top index 2012index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら