index top index 2010index index
2010.07contents
2010.07 contents img
ソレノイドから発生する磁束線。くわしくは4 ページからの解説「アハラノフ‐ボーム効果:微妙なテーマの変奏」を参照。(Drawing
courtesy of Paul Nylander, http://bugman123.com/)

stamp img
<今月の切手>
ウズベキスタンの古代の天文台の切手。43ページに関連するコラムがあります。     (通)

(平成平成22 年5月20日郵模第2152号)
news
思わぬ広がりをみせている,量子力学の不可解な現象
アハラノフ‐ボーム効果:微妙なテーマの変奏
H. バテラーン,外村 彰 江沢 洋訳

衛星イオ生まれのプラズマが,木星磁気圏の形を左右する
木星オーロラと角運動量輸送 垰 千尋

テスラが夢見た,古くて新しい技術とは
非接触電力伝送のしくみと最先端技術 松木英敏

機械的振動をナノスケールまで微細化すると何が起こる?
ナノメカニカル素子の物理と応用 山口浩司

news ナノスケールの相競合が引き起こす超巨大応答
C. デイ 赤星大介訳

ニュースダイジェスト S. K. ブラウ,J. ミラー, C. デイ ほか
限界を超えた超新星/ スピン波による電気信号の伝達/ 宇宙線の組成/仮想細胞が聴覚理論の正しさを示す  ほか

クローズアップ:
人工分子の量子状態と単一電子スピントロニクス 余越伸彦,今村裕志

[理科教育]
18歳からの物理
磁性の魅力 目片 守

[講座]

物理学実験講座“測る” 第4回
電磁力の測定 久我隆弘

[コラム]

メイドインジャパン物理用語 一般物理編
エサキダイオード 江崎玲於奈

[コラム]

物理っておもしろい?
物理はおもしろいのか? おもしろくなってゆくのか? 合田正毅
Let’s play “Physics”! 初田真知子

[コラム]

パリティのココロ
核研究はパンドラの箱? 大槻義彦

information corner フォーラム

8月号予告

執筆者・翻訳者紹介
今月の切手

今月のパリティ
電場も磁場もないところで,電子は何を感じるの?
無限に長い理想的なソレノイドのそばを,電子が通ったらどうなるでしょう? 磁場も電場もないため,何も起こらないはずですが……。シュレーディンガー方程式にひそむアハラノフ‐ボーム効果が見いだされたのは1959年のこと。そして今日もなお,その研究と開拓は続いています。(p.4)

似ているようで大きく違う,地球と木星のオーロラ
縞模様でおなじみの太陽系最大の惑星,木星。そこには大気と固有磁場が存在し,地球と同じように極域にオーロラが発生します。しかし,その巨大な磁気圏でみられる現象は,強い固有磁場,速い自転,衛星イオからのプラズマ供給を反映し,地球とは大きく異なる特徴を示しています。(p.13)
コードをつながなくても充電できる?!
電線などを介さずに,電流を空間に“流して”伝えるというアイデアは,じつはけっして新しいものではありません。効率が低い,遠距離の伝送は無理……このような誤解が解かれるとともに,ICカードから電気自動車まで,その用途はこの数年間で大きく広がろうとしています。(p.21)

機械の動作も量子力学の領域へ
どんなに複雑な機械の動作も,それを記述するのはあくまで古典力学..じつは最近,この事情が大きく変わりつつあります。ナノスケールの電気機械システムでは,量子力学的なふるまいや系の強い非線形性,あるいは非平衡性が出現し,興味深い物理現象が観測されるかもしれません。(p.28)
衛星イオから放出されるナトリウム原子発光
衛星イオから放出されるナトリウム原子発光(p.19)

index top index 2010index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら