index top index 2010index index
2010.06contents
2010.06 contents img
渦巻銀河の形成過程のシミュレーション画像。銀河の共食いが起こっている様子が見られる。くわしくは40 ページからのニュース「アンドロメダ銀河に見つかった銀河の共食いの痕跡」を参照。(国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト提供。可視化:武田隆顕・額谷宙彦,シミュレーション:斎藤貴之)

stamp img
<今月の切手>
インドの古代の天文台の切手。37ページに関連するコラムがあります。     (通)

(平成平成22 年4月15日郵模第2146号)
news
魔法ではない,“量子論的生命原理”を探し求めて
生命(いのち)の量子論
P. デイヴィス 小野嘉之訳

恒星の物理についての理解に,挑戦状を突きつける
光・近赤外干渉計で見る星の素顔
T. テン・ブルメラー,M. クリーチ=アークマン,J. モニヤー 大石奈緒子訳

測地学の黄金時代は,半世紀前に始まったばかり
航空機搭載レーザーによる測地
W. E. カーター,R. L. シュレッサ,K. C. スラットン 箕輪達哉訳

生化学的,力学的刺激に反応する生きた材料の秘密とは
骨の変形と靭性
R. O. リチー,M. J. ビューラー,P. ハンスマ 山下仁大訳

news 磁気八極子の観測に成功
松村 武

アンドロメダ銀河に見つかった銀河の共食いの痕跡
B. シュワルツシルト 児玉忠恭 訳

ニュースダイジェスト S. K. ブラウ,J. ミラー, C. デイ ほか
タンパク質の襟が細胞膜の首を絞める/ 大きく引き伸ばしても元に戻る金属/思いもよらない宇宙の流れ/ 新しい天文観測用検出器の原型  ほか

クローズアップ:
鋳型でつくるナノカーボンネットワーク 西原洋知

[講座]

物理学実験講座“測る” 第3回
精確さの指標 久我隆弘

[連載]

フラストレーションがつくる新しい物性
 
第7回 フラストレーションが生みだす2つのフェロの結合 木村 剛
 第8回(最終回) リラクサーにひそむフラストレーション 廣田和馬

[コラム]

物理っておもしろい?
科学は世界観を与えるもの 井田 茂
「おもしろい」なんていってる場合じゃない 早野龍五

[コラム]

パリティのココロ
貧乏な家の子どもは算数が苦手? 大槻義彦

information corner フォーラム

7月号予告

執筆者・翻訳者紹介
今月の切手

今月のキーワード
エンタングルメント/ 被駆動系/ ファンシッター‐ゼルニケの定理/ 骨リモデリング/ キラル配置/ せん断応力

今月のパリティ
“量子生命”が化学的生命に進化した?!
生命は奇跡にあふれた存在です。1940年代後半から1950年代にかけて,量子力学が生命の謎の鍵を握っていると推測することが流行しましたが,そのような考え方がいま,再び注目を集めています。生命はもともと,“量子生命”ともいうべき量子複製機だったのでしょうか?(p.4)

恒星はまったく単純なものではなかった!
可視光や近赤外線の干渉計は,電波の場合よりも技術的にずっと難しく,数十nmの精度で光路長を制御しなくてはなりません。しかし,それは恒星の表面の画像さえ描き出し,互いに物質をやり取りする連星系や高速回転する扁平な星など,星の多様な営みを明らかにしようとしています。(p.12)
地球科学研究用のグーグルアースをめざして
航空機に搭載されたレーザーによる測地は,深い森林に覆われた地域でも,断層や地すべりなどの詳細な構造を明らかにします。このようなデータをもとに,宇宙の1点から地球をながめ,好きな場所を選択し拡大して見ることができるようになったら,どんなに魅力的でしょうか。(p.20)

骨の驚くべき強さの秘密
骨を構成しているのは,3重らせん構造をもつトロポコラーゲンという分子からなるタンパク質です。骨の内部には多数の微視的なひび割れが存在しているのですが,分子から巨視的スケールまで分布する独特の階層構造ゆえに,破壊に対して驚くべき強度を示すのです。(p.29)
うさぎ座T星の近赤外線画像
うさぎ座T星の近赤外線画像(p.15)

index top index 2010index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら