index top index 2010index index
2010.02contents
2010.02 contents img
ジョセフソン接合量子ビット(中央の小さな四角)を用いた演算素子。超伝導量子ビットの量子計算への応用が期待されている。くわしくは41ページからの記事「超伝導量子ビット研究の進展」を参照。(Photo courtesy of Erik Lucero and Max Hofheinz, UCSB.)

stamp img
<今月の切手>
ディラックのノーベル賞記念切手。70 ページに関連するコラムがあります。(通)

(平成平成21 年12月14 日郵模第2115号)
articles
型破りな考えを,恐れず探求した“過激な保守”主義者
ジョン・ホイーラーと相対論と量子情報 C. W. ミスナー,K. S. ソーン,W. H. ズーレック 古池達彦訳

大学に学生がいる真の理由を,彼は知っていた
ジョン・ホイーラーの指導:永遠の遺産 T. M. クリステンセン 牧野伸義訳

画期的な顕微鏡から,新たな視点が生まれた
シンヤスコープが解き明かす生き物のからくり 合田 真

大学や企業の文化が,革新的な科学から命を奪う?
ブラック・スワンを探せ M. ブキャナン 小野嘉之訳

news 超伝導量子ビット研究の進展 B. G. レヴィ 中村泰信訳

ニュースダイジェスト S. K. ブラウ,J. ミラー, M. ウィルソン ほか
宇宙線源を突き止める/ 摩擦についての新しい見かた/ コロイド状ゲル構造をとらえる/ 気分で変わる発話の音楽性/ 合成磁場 ほか

クローズアップ:
ホール効果を利用したプラズマロケット M. カペリ 犬竹正明訳

[理科教育]
第40回国際物理オリンピックと物理チャレンジ2009 並木雅俊

[講座]

物理を学ぶ人のために--現象・法則・モデル 第11回
ニュートンはどこまで正しいか:法則とモデルの階層性(1) 鹿児島誠一

[連載]

物理で深まる鉄道趣味 第5回
鉄道車両の走行抵抗 半田利弘

[コラム]

物理っておもしろい?
1次元,2次元の世界 川畑有郷

みんなの物理 素朴な疑問Q&A
なぜホタルの光は熱くないの?

[コラム]

パリティのココロ
2009年版 科学技術白書 大槻義彦

information corner フォーラム

3月号予告

執筆者・翻訳者紹介
今月の切手

今月のキーワード

ホイーラー‐デウィット方程式/ 遅延選択実験/リュードベリ原子

今月のパリティ
一般相対論を,魅力ある研究分野にしたホイーラー
1950年代の一般相対性理論は,観測との接点がほとんどなく,物理学のなかで遅れた領域になっていました。そのなかでただひとり,「曲がった時空が物質の本質や天体物理学的宇宙にとって基礎となる」という未来を想像したホイーラーは,相対論の役割を発見する旅に出たのです。(p.4)

“見てみたい”という願望と信念から,その顕微鏡は誕生した
第二次世界大戦後の日本で,1人の学生が,生物試料のなかの微弱な光の複屈折を解析できる光学顕微鏡の開発を始めました。それが後のシンヤスコープです。生命科学ではあまりなじみのない偏光の技術を使って生き物を見ると,いったいどんな世界が見えてくるのでしょうか?(p.24)
独創的な研究は正当に評価されるのか
論文を雑誌に掲載するかどうかの判断をはじめ,新奇な研究に対する評価は多分に狭量で,保守的な対応になる傾向が強いようです。科学が社会の要請に強く束縛されたトップダウン的活動になってしまったら,自由な探求や革新的アイデアの余地はなくなってしまうかもしれません。(p.34)

半導体のなかの現象が宇宙へ飛び出す!
100年以上も前に半導体のなかで発見された現象がいま,私たちの太陽系を飛び交う無人宇宙探査機の推力を生みだすのに使われています。このホール効果スラスターはやがて,火星やほかの惑星へ向かう有人宇宙船を推進するエンジンとして使われることになるかもしれません。(p.49)
ホイーラーの講義風景
ホイーラーの講義風景(p.6)

index top index 2010index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら