index top index 2010index index
2010.01contents
2010.01 contents img
上越沖海底のガスハイドレート。海底谷の壁に白く露出しているのがわかる。くわしくは,67ページからの特集記事「ガスハイドレートが氷期を止めた?」を参照。(JAMSTEC)


stamp img
<今月の切手>
湯川秀樹。70ページに関連するコラムがあります。(通)

(平成平成21 年11月18 日郵模第2105号)
特集記事
2009年の成果の総まとめ
特集:物理科学,この1年
原子・分子物理,量子エレクトロニクス 久我隆弘編

物性物理 小野嘉之編

流体力学,プラズマ物理 伊藤公孝,伊藤早苗編

素粒子物理 夏梅 誠編

原子核物理 松井哲男編

宇宙・天体物理 関井 隆編

地球惑星物理 今須良一編

生物物理 安田賢二編

news 新しい種類の大きな2量体の発見
C. デイ 久我隆弘訳

流星を追いかけて上空の風をはかる
M. ウィルソン 村山泰啓訳

ニュースダイジェスト
C. デイ,J.ミラー,S. G. ベンカ ほか
大陸内で起こる地震をどう考えるか/ 通常の金属を流れる永久電流/ 染色体の折りたたみ/ 巨大磁気抵抗をナノスケールでみると/ グラファイトの強磁性を理解する ほか

[講座]
物理を学ぶ人のために--現象・法則・モデル ここにも熱力学--風船の大きさと圧力
鹿児島誠一

[連載]

物理で深まる鉄道趣味 第4回
鉄道車両の制動 
半田利弘

[コラム]

物理っておもしろい?
自然のカラクリを知る楽しさ
大高一雄

みんなの物理 素朴な疑問Q&A
「なぜ流れている川は,まわりに雪が積もっていてもなかなか凍らないの?」

[コラム]

パリティのココロ
科学官僚
大槻義彦

information corner フォーラム

2月号予告

パリティ2009年総目次
パリティ2009年総目次〈分野別〉

執筆者・翻訳者紹介
今月の切手

今月のキーワード

熱圏/ パスカルの原理/ 3相交流


今月のパリティ
超伝導探索に,もはやタブーなど存在しない
世界に衝撃を与えた鉄ヒ素化合物における超伝導の発見から早2年,転移温度は数か月で55 Kに到達し,数えきれないほどの新しい超伝導体と関連物質が発見されています。この鉄系超伝導体ではなんと,超伝導を阻害すると考えられてきた“鉄”自体が高温超伝導を担っているのです。(p.16)

人間の欲望に基づく経済活動を,物理学の目で見ると
物理学が相手にするのは,物質がらみの自然現象だけ? いえいえ,高度情報化のおかげで得られるようになった,さまざまな経済現象の膨大なデータを物理学の手法で解析してみると,普遍性の高い経験則がいくつも見いだされ,さらにそれらを説明する理論も発展してきたのです。(p.34)
QCDと超弦理論の接点に生まれようとしているものは……
加速器RHICの研究者たちは2005年,クォーク‐グルーオンプラズマは完全流体であり,これが超弦理論の実験的傍証かもしれないと示唆しました。強い相互作用の研究はその発端から弦理論と密接な関わりがあるのですが,この発表は多くの研究者たちが注目する契機となりました。(p.45)

異常なほど静穏な太陽は,何を語ろうとしているのか
黒点はもっとも古くから観測されている天文現象ですが,いまだ謎が多く,11年周期の増減の原因もまだ解明されていません。地球環境との関係も注目されるこの黒点の活動が,極小期からなかなか回復しないことが話題になっています。太陽は今後,どうなってしまうのでしょうか。(p.50)
3 次元DNAナノ構造の原子モデル
3次元DNAナノ構造の原子モデル(p.71)

index top index 2010index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら