index top index 2009index index
2009.11contents
2009.11 contents img
コロイド量子ドットの大きさや組成を変えることにより,発光波長を自由に制御することができる。くわしくは,4 ページからの解説記事「量子跳躍では説明できないナノ発光素子の点滅」を参照。
( Ima g e c o u r t e s y o f A n d r e y Rogach, City University of Hong Kong.)

articles
小さな素子の気まぐれは,物理学者にとって魅力的
量子跳躍では説明できないナノ発光素子の点滅
F.D. シュテファニ, J.P. フーゲンブーム, E. バーカイ 久我隆弘訳

透明なものさえ見える,高分解能の顕微鏡とは?
コヒーレントX線が明かす細胞の内部世界
西野吉則

電子や陽電子の塊をプラズマ波に乗せると……
レーザー駆動プラズマ電子加速器
W. リーマンス,E. エザリー 近藤公伯訳
news スピン‐軌道相互作用のもたらす新しい電子物性
C. デイ 江藤幹雄訳

太陽コロナを満たす磁気流体波
C. デイ 関井 隆訳

銀河団は語る..何が宇宙膨張を加速しているのか

C. デイ 満田和久訳

ニュースダイジェスト
C. デイ,J.ミラー,S. G. ベンカ ほか
液滴の動きは微小流体の室内楽/ 遠方にある銀河団の大規模探査/ 電子皮膚用のナノ複合材料/ 氷河に関連した地震/ 半導体レーザーで乱数を高速で生成する ほか

[クローズアップ]
風変わりなハングドラムの音色
A. モリソン,T. D. ロッシング 高木堅志郎訳

[講座]
物理を学ぶ人のために--現象・法則・モデル
第8回 連成系の基準振動(2)
さまざまな基準振動
鹿児島誠一

[連載]

物理で深まる鉄道趣味 第2回
抵抗制御式直流電車の加速
半田利弘


[コラム]

:物理っておもしろい?
ぼくにとっておもしろい物理
佐々真一

[コラム]

パリティのココロ
大学改革
大槻義彦

information corner フォーラム
新コーナーのお知らせ

12月号予告

執筆者・翻訳者紹介
今月の切手

今月のキーワード

中心極限定理/ X線自由電子レーザー/ 光学顕微鏡の分解能/ 航跡場/ クライストロン/ 銀河団/ 宇宙定数/ ヘルムホルツ型共鳴器/ ホログラフィー


今月のパリティ
ナノサイズ発光素子の不思議な点滅
自然界や人工のさまざまなナノ発光素子,たとえば発光タンパク質や半導体中のナノ構造などではよく,ランダムな点滅が見られます。この点滅がべき乗則に従うことは10年ほど前に発見されたのですが,その原因についてはまだ満足のいく解答は得られていないのです。(p.4)

顕微鏡の苦手領域に射し込む新たな光
コヒーレントX線を使った新しい顕微鏡によって,これまで見ることが難しかった,大きな試料内部のナノ世界が見えてきました。細胞や細胞小器官を丸ごと観察する3 次元イメージングが実現し,その構造や機能を原子やナノレベルから解明する夢が広がろうとしています。(p.14)
より小さく,より安価な加速器をめざして
より高エネルギーの粒子ビームを求めてきた科学者たちはいま,加速器装置の大きさや費用という重大な問題に直面しています。これまでと違った原理に基づく新技術が模索されていますが,そのひとつ,レーザー駆動プラズマ加速器とはいったい, どのようなものでしょうか。(p.21)

物理学者をも惹きつける,新しい打楽器の音色
わずか10年ほど前に登場した打楽器が,ミュージシャンだけでなく,物理学の分野でも関心を集めています。そのユニークな音色のとりこになった物理学者たちが,振動モードと音のエネルギー場の解析を行い,楽器の科学全体の進歩にも大きく貢献したのです。(p.48)
stamp img
<今月の切手>
ガリレオと望遠鏡。47ページに関連するコラムがあります。(通)
(平成平成21 年9月29 日郵模第2087号)
アーベル1689銀河団
アーベル1689銀河団(p.42の〈図1〉より一部を掲載)

index top index 2009index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら