index top index 2008index  index
2008.5 contents
2008.5 contents img

LaOFeAsの結晶構造:鉄をベースとするオキシニクタイドの層状化合物で,超伝導体が発見され,高温超伝導体の候補物質が一挙に広がった。くわしくは,38ページからのニュース記事「新しい高温超伝導体LaOFeAs」を参照。

stamp img
<今月の切手>

すばる望遠鏡:日本天文学会創立100周年記念切手。67ページに関連するコラムがあります。          
        (通)
(平成20年4月8日郵模第1921号)
特集記事
特集:高温超伝導
銅酸化物は超えられるか
巻頭言:銅酸化物を超える超伝導物質は?
家 泰弘

“室温超伝導”への2つのアプローチ
銅酸化物は超えられるか ――夜明け前がいちばん暗い
秋光 純

かごのなかでの原子振動の役割とは
ラットリングと超伝導
広井善二

水分子が挿入された系の超伝導とは
コバルト酸化物の超伝導
佐藤正俊

スピンと電荷の両方が超流動性をもつ画期的状態
スピン3重項超伝導状態はどこまでわかったか
――ルテニウム酸化物の超伝導
前野悦輝

キャリヤーをどう導入するかが成否の鍵
ダイヤモンドの超伝導 ――バンド絶縁体に起こる超伝導
高野義彦

Tcはなぜ低いのか
銅酸化物は超えられるか ――理論の立場から
青木秀夫
news 新しい高温超伝導体LaOFeAs
細野秀雄

生物多様性の周期的変動は宇宙線が原因?
B. シュワルツシルド 戎崎俊一 訳

ボロンナノチューブはできるか
J. ミラー 木村 薫 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ, J. S. バーディ
時間におけるフラクタル/宇宙探査機の速度の異常/世界最小のダイヤモンドのリング/ダイヤモンドのキュービット/単電子ESR ほか
[随想]
男女共同参画企画:
放射化学から植物生理学への道のり
中西友子

[講座]

叩けば出るのは振動か波か 第2回
調和の減衰と強制
原 康夫

[連載]
動物に学ぶ――雁の飛翔に学ぶ宇宙船の編隊飛行
津田雄一

[コラム]
科学者の名言? 迷言?
物理学者 vs 純粋数学者
土井恒成

[コラム]
パリティのココロ スモッグを吸って健康?
大槻義彦

information corner
フォーラム

6月号予告
今月の切手

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
“たんなるサイエンスフィクション”はいま……
ベドノルツ‐ミュラーが銅酸化物を見つけてから早くも20年,銅酸化物をしのぐTcをもつ超伝導体はまだ見つかっていません。当時と同じ原点に立ち戻っているといってもよいでしょう。でも,大きな違いもあります。現在では多くの人が,“室温超伝導の存在”を信じているのです。(p.6)

フラストレーションは何を引き起こす?
ここ数年,正方格子ではなく三角形を基本とした格子を探すことが流行しています。単純な規則配列パターンが壊れ乱れた状態が,新しい超伝導につながると期待されるのですが,実際の物質でこれが実現された例は知られていません。そこで例によって,物質屋の挑戦が始まるのです。(p.13)
美しく輝くダイヤモンドが超伝導に?!
透明に輝く美しいダイヤモンドは,まさに宝石の王様です。超伝導には縁のなさそうなバンド絶縁体のダイヤモンドには,実は非常に高い周波数のフォノンがあることが知られています。このフォノンが電子に引力を生み出せば,ひょっとすると超伝導が実現するかもしれません。(p.26)

注文の多い超伝導
斥力からの超伝導においてTcを上げる,つまり銅酸化物を超えるためには,さまざまなパラメーターを最適な状況にする物質設計が必要になります。電子相関の強さ,スピンゆらぎおよび電荷ゆらぎの大きさをはじめ,あらゆるものが,適切になっていなければならないのです。(p.30)
雁の編隊飛行
雁の編隊飛行(p.61)
(写真提供:越智伸二)

index top index 2008index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら