index 2008index 3月号目次 3月号目次
執筆者・翻訳者紹介


tsubota img 坪田 誠(つぼた・まこと)
大阪市立大学大学院理学研究科(数物系専攻)教授。理学博士。1987年京都大学大学院理学研究科(物理学第一専攻)博士課程修了。高知大学農学部助手,東北大学流体科学研究所助教授,大阪市立大学理学部物理学科助教授を経て,2004年より現職。主な研究分野は物性理論。趣味は,テニス,音楽(カラオケを含む)。家族は妻,娘2人。
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/phys/eep/top-j.html

yasaka img 八坂哲雄(やさか・てつお)
九州大学名誉教授。工学博士。1970年東京大学大学院工学系研究科(航空学専修)博士課程修了。同年東京大学宇宙航空研究所教務補佐員助手,1974年日本電信電話公社専門調査員,1987年日本電信電話(株)副理事,主席研究員,1994年九州大学工学部教授を経て,2006年退職。主な研究分野は,宇宙工学,小型衛星,スペースデブリ。主な著書に『宇宙のゴミ問題―スペース・デブリ―』(裳華房)がある。

hirai img 平井寿子(ひらい・ひさこ)
筑波大学大学院生命環境科学研究科(地球進化科学専攻)講師。理学博士。筑波大学地球科学研究科博士課程修了。1989年東京工業大学無機材料工学科助手,1997年筑波大学地球科学系講師,1993〜1998年旧無機材料研究所 COE客員研究官,2005年より産業技術総合研究所メタンハイドレートラボ協力研究員,2000年より茨城県文化財保護審議会委員。主な研究分野は高圧物質科学,地球惑星科学。趣味は,花鳥風月を愛でながら,うまい肴を食いうまい酒を飲むこと。夫と2人暮らし。
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~hphhirai/

上原貞治(うえはら・さだはる)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所講師。理学博士。1985年広島大学大学院理学研究科博士課程後期(物理学専攻)修了。
http://belle.kek.jp/(「Belle実験」英語)

http://belle.kek.jp/~uehara/pdic/pdic.html(「素粒子事典」)


yamashita img 山下雅樹(やました・まさき)
東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設特任准教授。理学博士。2003年早稲田大学理工学研究科博士課程修了。同年コロンビア大学ポスドク,2005年同大Associate Research Scientist,2007年コロンビア大学Research Scientist,2008年より現職。主な研究分野は宇宙線,特に液体キセノンを用いた暗黒物質直接探索実験。昨年までXENONグループ実験に参加,現在は神岡研究施設にあるXMASS実験のメンバー。最近の趣味はイタリア語と料理。家族は妻と息子。

chou img  基哲(ちょう・ぎちょる)
お茶の水女子大学大学院准教授。理学博士。1996年東海大学大学院修了。1990年朝鮮大学校理学部卒業後,1996年東海大学大学院理学研究科にて博士号取得。この間1994〜1996年日本学術振興会特別研究員(DCI)。その後日本学術振興会特別研究員(PD)として高エネルギー加速器研究機構,ピサ高等師範学校(イタリア)。2000年お茶の水女子大学理学部講師,2003年同助教授を経て,現職。主な研究分野は素粒子物理学。超対称性理論を始めとする“標準模型を超える”素粒子理論の現象論的側面を研究している。趣味はギター演奏。家族は妻と1男2女。
http://www.phys.ocha.ac.jp/sugamotolab/

mori img 森 郁恵(もり・いくえ)
名古屋大学大学院理学研究科教授。Ph.D. 1983年お茶の水女子大学大学院理学研究科(生物学専攻)修士課程修了(1982〜1983年サセックス大学文部省国際派遣留学生制度留学生),1988年ワシントン大学生物医学系大学院博士課程修了後,1989年ワシントン大学博士研究員,同年九州大学理学部生物学科助手(1996〜1999年さきがけ研究21研究員兼任),1998年名古屋大学大学院理学研究科助教授を経て,2004年より現職。主な研究分野は,分子遺伝学,行動遺伝学,神経科学。
http://bunshi3.bio.nagoya-u.ac.jp/bunshi0/japanese/Index.html

nakamoto img 中本泰史(なかもと・たいし)
東京工業大学理工学研究科准教授。博士(理学)。1993年東京大学大学院理学系研究科修了。同年日本学術振興会特別研究員(国立天文台),1994年筑波大学物理学系助手,2004年同講師,2006年東京工業大学助教授を経て,2007年職名変更により現職。主な研究分野は宇宙物理学,惑星科学(特に,星・惑星系の形成過程)。著書に『天文の事典』(朝倉書店,「太陽系の起源」を担当),『シミュレーション天文学』(日本評論社,「放射輸送計算」の章を担当)がある。

sato img 佐藤文隆(さとう・ふみたか)
甲南大学特別客員教授。理学博士。1960年京都大学理学部卒業。1974年同大学教授を経て,2001年より現職。湯川記念財団理事長。主な研究分野は理論物理,宇宙物理。著書に『雲はなぜ落ちてこないのか』(岩波書店)がある。アピールポイントはものを書くこと。妻と2人暮らし。

akamatsu img 赤松友成(あかまつ・ともなり)
水産総合研究センター水産工学研究所主任研究員。農学博士。1989年東北大学大学院理学研究科物理学科修了。同年より水産工学研究所(この間1997年5〜10月国立極地研究所客員研究員),1999年ケンタッキー大学生物科学科客員研究員を経て,2000年より現職。専門は水中生物音響学。とくにイルカのソナー,海産哺乳動物の音響的観測技術,魚の聴覚と行動制御に取り組んでいる。主な研究分野は水中生物音響。著書に『イルカはなぜ鳴くのか』(文一総合出版)がある。趣味はガーデニング。家族は妻と娘が3人。
http://nrife.fra.affrc.go.jp/akamatsu/

土井恒成(どい・こうせい)
隠居人。理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年にはBritish Council Scholarshipを得て英国レスター大学に遊学。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(最近は“晴読雨読”ときに翻訳や執筆)。趣味は鍵盤がついたもの(ピアノ,チェンバロ,パソコン)。

(掲載順)


index 2008index 3月号目次 3月号目次