index top index 2007index  index
2007.12contents
2007.12contents img

ジアリールエテン単結晶のフォトクロミズム。光によって可逆的に色を変える光化学反応を用いた光機能素子はつくれるのか。くわしくは52ページからの記事「光で大変身する分子結晶」を参照。

stamp img
<今月の切手>
ノーベルの遺言100周年。73ページに関連するコラムがあります。

         (通)

news
伝統的手法を応用し基本的問題を明らかに
地下水の物理
M. P. アンダーソン 檜山哲哉 訳

友情と尊敬で結ばれた,野心ある物理学者たち
油滴実験の記憶
M. F. ペリー 岡本拓司 訳

定量的理解には,数多くの難題を解決する必要があった
毛細管現象研究の200年
Y. ポモウ,E. ヴィレルモー 加藤岳生 訳
news ノーベル物理学賞:
巨大磁気抵抗効果(GMR)の発見
新庄輝也

ノーベル化学賞:
受賞者の素顔と研究業績
岩澤康裕

以前から問題になっていた近距離でのニュートリノ振動が否定された
B. シュワルツシルド 西川公一郎 訳

結晶によるビーム操作
高橋 徹

半導体ナノコロイドで量子ドットレーザーをつくるには
M. ウィルソン 舛本泰章 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ
巨視的な物体を電波で冷却する / 反射率の超高速できわめて大きな変化 / ヤングの実験のプラズモン版 / より穏やかに,心臓のカオスを制御する / 熱の論理ゲート ほか
[クローズアップ]
光で大変身する分子結晶
入江正浩

[随想]
ランダムは秩序を超えられるか
P. チェイキン 家富 洋 訳

[理科教育]
国際物理オリンピック2007・イラン大会報告
原田 勲

[講座]

惑星科学入門 第9回
月と潮汐
中本泰史

[コラム]

科学者の名言? 迷言? 考える機械”の評価
土井恒成

information corner
フォーラム

1月号予告

パリティ2007年総目次

パリティ2007年総目次〈分野別〉

今月のキーワード
フィックの法則 / MiniBooNE / ニュートリノ振動 / ステライルニュートリノ / チャネリング / 体積反射 / コリメーション / 励起子 / 励起子分子

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
直観力を武器に,地下水の複雑な問題に立ち向かう
人類が利用可能な淡水の98%を占めるのは地下水です。地下水資源の管理決定に関する枠組みをつくる地下水水文学の基礎となっているのは,19世紀半ばから研究されてきた地球表層下の水の物理であり,それはいまも理論と実験の両面で研究者たちの関心を喚起し続けています。(p.4)

1人はノーベル賞を受け,1人は貢献も忘れ去られたけれど……
ミリカンとフレッチャーはそれぞれの回想のなかで,2人が行った,現在では有名な,帯電した油滴の測定実験に先立つ日々を描写しています。ところが,2人の説明には解きがたい食い違いがあるのです。本質的な貢献をなしたのは,いったいどちらだったのでしょうか?(p.13)

18世紀自然哲学から,動的な相互作用や非平衡状態の研究へ
ラプラスとヤングが毛細管現象に関する独創的な研究を発表したのは,1805年のことでした。それから2世紀,いまでは生物学,海洋学から推進装置開発,物質科学,デバイス開発にいたるまで,広い分野で毛細管現象の新しい応用が行われるようになっています。(p.21)

私たちが信じているのは偏見? 宗教?
私たちは自然のなかで秩序を探す傾向があります。それは物理学の全分野で流布している考え方です。秩序化にともなう相転移現象を説明するためにランダウが導入した考え方は,その後数世代にわたって美しく発展してきました。その発展はもっともなことに思えるのですが……。(p.56)
MiniBooNE測定器
MiniBooNE測定器(p.37)


index top index 2007index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら