index top index 2003index  index
2003.01contents
2003.01 contents img

電波でももっとも波長の短いミリ波・サブミリ波で宇宙を観測する大型の電波望遠鏡ALMA(アルマ)の完成予想図(合成写真)。北米,欧州,日本により,パラボラアンテナ合計80台をアンデス山中に展開し,電気的に結合して巨大な電波望遠鏡を構成しようというプロジェクトである。くわしくは46ページからの特集記事「巨大電波望遠鏡ALMAいよいよ建設へ」参照。(国立天文台提供)
2003.01 stamp img2003.01 stamp img
2003.01 stamp img<今月の切手>
(上)赤富士と地震波形
(中)那須茶臼岳(日光国立公園)
(下)桜島   
(万)
2002年のニュース総まとめ
特集:物理科学,この1年
物理一般(原子・分子物理,ビーム物理,流体力学,プラズマ物理,光科学) / 凝縮系の物理 / 素粒子物理 / 原子核物理 / 天体物理 / 生物物理 / 地球惑星物理
【詳細はこちら】

news 磁場配向による生体分子のNMR構造解析法
菊地淳


ニュートリノはやはり振動していた
B. シュワルツシルド 井上邦雄 訳

118番元素の証拠は偽造と判明
B. シュワルツシルド 櫻井博儀 訳

量子ホール端状態で核スピンを制御
町田友樹

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ,B. P. スタイン,J. リオーダン
半導体レーザーの生誕から40年 / 3次元的なインク / クアオアー      
ほか
[コラム]
知ってるつもりの科学用語A to Z M
土井恒成

[講座]
物理と数学の2重らせん 第10回
カオスとフラクタル
薩摩順吉
information corner 行ってみました科学館:
三菱みなとみらい技術館
美宅成樹


フォーラム
2月号予告
今月のキーワード
タンパク質 / NMR構造解析/磁場配向NMR /
量子ホール端状態

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
“この世”を構成する基本的な物質
反陽子と陽電子からできた反水素は,いわばわれわれの住む世界とは違う“あの世”のもっとも基本的な物質である。昨年その反水素が数万個生成され,新聞などでも話題になった。欧州のCERN研究所を舞台に,2つの研究グループが追いつ追われつで研究を展開している。(p.6)

ニュートリノでないとしたら,暗黒物質の正体は?
小柴先生のノーベル賞受賞により一般の人々の注目をも集めることとなったニュートリノだが,さまざまな実験の結果,これが宇宙の暗黒物質だという可能性はほぼなくなった。残る候補は,超対称性理論の予言するニュートラリーノとアクシオンに絞られてきたようだが…(p.32)
宇宙の果てへとまた一歩
人々がおそらくは有史以前から続けてきたであろう世界の果て探しは,最近ではここ10年ほどの間にも,宇宙と地上の大望遠鏡を総動員して精力的に行われてきた。そして昨年ついに,赤方偏移が6を超えるはるか彼方に,140億年以上昔の銀河が初めて発見されたのである。(p. 43

アンフィンゼンの知らなかったタンパク質の世界
タンパク質の構造物性の研究分野で,アミロイド線維が注目されている。これはプリオン病やアルツハイマー病などに共通して見られる,タンパク質の凝集体である。構造物性の研究から,これが単なる不定形な凝集ではなく,規則的なタンパク質の構造状態であることがわかってきた。(p. 49)
渦巻銀河NGC4388から流れ出す電離ガス
渦巻銀河NGC4388から流れ出す電離ガス(p.42)


特集物理科学,この1年

■担当編集者

物理一般――――大槻義彦 早稲田大学理工学部
凝縮系の物理――家 泰弘 東京大学物性研究所
        宮野健次郎 東京大学先端科学技術研究センター
素粒子物理―――磯 暁 高エネルギー加速器研究機構
原子核物理―――矢崎紘一 東京女子大学文理学部
天体物理――――加藤万里子 慶應義塾大学理工学部
生物物理――――美宅成樹 東京農工大学工学部
地球惑星物理――木本昌秀 東京大学気候システム研究センター
        浜野洋三 東京大学大学院理学系研究科
物理一般

●原子・分子物理
●ビーム物理
●流体力学
●プラズマ物理
●光科学
凝縮系の物理

●バナジウム酸化物の新物性
●高温超伝導体の輸送現象
●カーボンナノチューブの新展開
●表面物性
●量子ホール系とスピン

素粒子物理

●超弦理論と量子重力
●標準模型を超えて
●加速器を使った素粒子物理
●非加速器物理

原子核物理

●ドリップ線付近の原子核構造の魅力
●クォーク星とカラー超伝導
●軽いハイパー核の最近の進展
天体物理

●銀河団中でのガスのはぎ取り現象
●最遠方の銀河発見
●ハイパーノバ
●巨大電波望遠鏡ALMAいよいよ建設へ

生物物理

●タンパク質凝集による病気
●瞬目反射連合学習を担う脳の領域
●第一原理からのタンパク質立体構造予測の発展

地球惑星物理

●化学天気予報
●グローバル地震学
●コンピューターで地球の磁場を再現する


index top index 2003index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら