index top index 2002index  index
2002.08contents
2002.08 contents img

ティラノサウルスは,白亜紀後期の,肉食で体重6トンほどある巨大な恐竜。新しいバイオメカニクスのモデルによると,速く走るのに必要な筋肉をもち合わせていなかったらしい。くわしくは,ニュース記事「巨大恐竜,ティラノサウルスは走れたか?」を参照。(写真は茨城県自然博物館提供)


2002.08 stamp img2002.08 stamp img
2002.08 stamp img<今月の切手>
獅子座とライオン (万)

news
環境に優しく経済的なこれからの明かり
固体照明の時代がやってくる
A. バーグ,G. クラフォード,A. デュガル,R. ハイツ 宮野健次郎 訳

出来が悪くても,先見の明と強靱な意志があれば

マルコーニ: 無線通信のスーパースター
R. ブリッジマン 家 泰弘 訳

ファインマンの予言した世界が実現しようとしている

マイクロマシンの大きな役目
D. ビショップ,P. ガメル,C. R. ジャイルズ 江刺正喜 訳

20世紀に呪いをかけた悪霊でさえ,涙を流すだろうか

ハイゼンベルクとアインシュタイン
G. ホルトン 山本祐靖 訳
news 有機FETに向けられる疑惑の目
家 泰弘

量子相転移:超流動から絶縁体まで
B. G. レヴィ 宮野健次郎 訳

クォーク星の発見か?
加藤万里子

巨大恐竜,ティラノサウルスは走れたか?
R. フィッツジェラルド 美宅成樹 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ,B. P. スタイン,J. リオーダン
ダークマター検出器/超高エネルギー宇宙線の点源?/極高圧下の水素  ほか

[クローズアップ]
アワを食った宇宙実験
高木喜樹

数学の鍵かします
ソリトン・セルオートマトンと量子群
国場敦夫

[随想]

タンパク質分子の機能を担うメカニズムに普遍性はあるか?
森本英樹

[コラム]
知ってるつもりの科学用語A to Z H
土井恒成

[講座]

物理と数学の2重らせん 第5回
波動の本質
薩摩順吉

information corner 行ってみました科学館:
茨城県自然博物館
美宅成樹

フォーラム
9月号予告
今月のキーワード
量子効率/MEMS/タンパク質/ヘモグロビン/機能メカニズム

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
白熱電球も蛍光灯ももう過去のものに
無機や有機発光ダイオードのような固体照明素子の普及で,照明用の電力は米国だけでも2020年までに50%削減され,大気中に放出される炭素は年間2800万トンも減ると見積もられている。実装面でも優れる固体照明は,明かりに対する考え方さえ変えてしまうかもしれない。(p.4)

単なる数学式で社会を変えてしまった人物の実像
大西洋を隔てての無線通信に成功しノーベル賞を受賞したマルコーニは,実は正式な教育を受けていなかった。しかし,有力な家系の人脈を利用し,そして成功への強い意志をもって,まだ形さえなしていない物理の1分野をまったく新しい1つの産業にしてしまったのだ。(p.12)
微小な機械がこれからの世界を支える
大きさが0.1μmから100μmほどでわずかの電力しか消費しない微小機械は,いまやエアバッグの作動やカシミール力の測定など,さまざまな用途に使われている。機械の概念さえ大きく変わり,トランジスターの発明にも匹敵するような新しい産業革命が起ころうとしている。(p.20)

何度も交差しながら,1つにはならなかった2人の歩み
アインシュタインは若き日のハイゼンベルクにとって模範であり,憧れの人だった。しかし,学問上のいさかいと政治がらみの圧迫が,2人の関係を傷つけてしまったのだ。アインシュタインに受け入れられたいという彼の願いは,ついにかなうことはなかったのである。(p.29)
2つの鏡で構造を示すDMD
2つの鏡で構造を示すDMD(p.23)

index top index 2002index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら