index top index 1999index  index
1999.11 contents
1999.11 contents img

Tiの墓の浮き彫りの一部。Tiはエジプト第5王朝において王族の頭を飾る係りであった。この浮き彫りでは,Tiの像を墓へ引いていくそりの下へ,何かわからない液体が注がれている。紀元前2400年ごろのものと考えられるこの浮き彫りは,潤滑の最初の例を記録するものとして今日の物理学者の興味を引いている。潤滑は摩擦,摩耗とともに,現代科学の1分野であるトライボロジーを形成している。詳しくは本誌24ページからの解説記事「滑りと擦り」を参照のこと。
article

閉じ込めて結晶になる?
捕捉された単一種電荷のプラズマ

T. M. オニール 著 玉野輝男 訳 

隠れた機能性材料
ブロック共重合体

F. ベイツ 他著 橋本竹治 山口大輔 訳

深まる摩擦力の解析
滑りと擦り
G. ヘーナー 他著 松川 宏 訳

大気電気分野への新たなる挑戦
地球規模の電気回路

E. A. ベリング 他著 芳原容英 早川正士 訳

news 電子を片送りにする量子ラチェット
P. ヘンギ 他著 多々良 源 訳

大学製の人工衛星が初期宇宙を探る
T. フェダー 著 田島俊之 訳

安定性の島がついに視界に入ったのか?
B. G. レヴィ 著 岸田 隆 訳

プルトニウムはコロイドでヒッチハイクする?
B. G. レヴィ 著 好村滋行 訳

ニュースダイジェスト
藤井昭彦,P. F. シューウィ,B. P. スタイン
1つの光子を壊さずに見る/原子核の温度計/アメーバ中での銀河形成/てんかんの新しい理論 ほか

[クローズアップ]
クリスタルビーム
岡本宏巳

竜巻の謎に迫る
新野 宏

[随想]
闇を照らす
R. D. ブランドフォード 著 藤井かよ 訳

[理科教育]
バンジージャンプで無重量実験
永田敏夫


[講座]
相対論の正しい間違え方 第7回 一般相対論編
松田卓也,木下篤哉

information corner 書籍情報
新製品
読者の広場
12月号予告
今月のキーワード
シア/クーロン結晶と渦結晶/ケルビン-ヘルムホルツ不安定性/エラストマー/グラフト共重合体/メルト/剪断/弾性変形と塑性変形/フォノン/ダイナモ理論/晴天空地電流/フィールドミル/遠紫外線分光観測衛星/ピコバーン/クリスタルビーム/チューン/蓄積リング/ドップラー・レーダー/スーパーセル/メソサイクロン

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
非中性プラズマでみる制御されたプラズマ現象
プラズマの結晶は架空の矛盾した言葉ではなく,簡単に閉じ込められる長寿命の非中性プラズマで実際につくれるものである。実際に,閉じ込め時間が数日(そしてさらには数週間)というものは日常的に得られており,これが中性プラズマでは得られない研究の機会を与えてくれる。(p. 4)

発展した合成化学における新素材設計
ブロック共重合体における合成化学と統計力学理論の双方における進歩が,かつてないほど精巧な分子スケールの構造制御を可能にした。その結果,力学的,光学的,電気的,あるいは,イオン性,遮蔽性,その他のさまざまな物理的性質を備えた材料をつくりだすことも可能になった。(p. 13)
典型的な大地落雷
典型的な大地落雷(p. 33)

摩擦力に成り立つ法則とは?
摩擦の法則は極めて単純だが,多くのミクロスコピックとナノスコピックの現象がその中に詰まっており,現代物理のもっとも魅力的な研究対象の1つである。しかし,摩擦の法則は経験的なものであるため,その基にある機構を理解し,摩擦現象のモデルをつくることに多大な努力が払われてきた。(p. 24)

地球上で発生する電気の大循環
世界中で合計1kAの電流が対流圏の雷から流れ出し,電離層,磁気圏へ流れ込み,最終的には大地へ晴天大気を通してかえり,雷にて閉じることとなる。導線の役割は薄い大気が果たしている。現在,新しい観測機器によって,その一般的なパラダイムが明らかにされつつある。(p. 33)
FUSE人工衛星
ケープカナベラル宇宙基地で打ち上げを待つ
FUSE人工衛星(p.45)

index top index 1999index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら