index top index 1999index  index
1999.05 contents
1999.05 contents img

マサチューセッツ大学アムハースト校において,3He‐4He混合薄膜の実験に用いられた希釈冷凍機
薄膜が吸着される実験空間(サンプルセル)は希釈冷凍機の底に取り付けられている。この実験については25ページからの解説記事,「魅力あふれる2次元ヘリウム3の世界」を参照。
article

隠された原始銀河を捜して
谷口義明
ダストに覆われた銀河の謎

酸素も超伝導体となる
天谷喜一,清水克哉
超高圧下の固体酸素とは?

魅力あふれる2次元ヘリウム3の世界
R. ハロック 著 白浜圭也 訳
4He薄膜の上にのる3Heの不思議な特質

ガンマ線コライダーとミューオンコライダー
素粒子の質量の起源を探求するために
A. セスラー 著 小林  郎 訳

news 中央海嶺におけるマントル物質の上昇モデル
B. G. レヴィ 著 佐野貴司 訳
マグマが地表へ上昇するメカニズムを検証する

2次元電子ガスに新たな謎
B. G. レヴィ 著 石川 康,福山秀敏 訳
弱電磁場領域でなぜ異方性が起こるのか?

ニュースダイジェスト
藤井昭彦,P. F. シューウィ,B. P. スタイン
遅い光/太陽の塔/トランジスター内部のホログラム/導線で導かれた原子 ほか

[随想]
人間原理と生命原理
柳瀬睦男

ミリ波天文の危機
大石雅寿

[理科教育]

実験室の中の空と海(1)
空と海のきもち
酒井 敏

[講座]
相対論の正しい間違え方 第1回 
速度の合成編
松田卓也,木下篤哉

[書評]

『Quantum Mechanics』
大竹淑恵
information corner 書籍情報
新製品
読者の広場
6月号予告
今月のキーワード
VバンドとKバンド/ロックマンホール/モノリシックコラプスモデル/マイスナー効果/SQUID磁束計/交換相互作用/スピン拡散係数/第3音波/キュリー成分/シンクロトロン放射/エミッタンス/ヒッグス粒子/マントル電磁気トモグラフィー/太平洋スーパースウェル/順問題/分数量子ホール効果/電荷密度波/ランダウ準位/スペースVLBI

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
新しい窓から宇宙を探る
地上からは観測がむずかしい中間赤外線による銀河探査が,赤外線宇宙天文台によって可能になりました。地上観測ができるサブミリ波帯でのディープサーベイとともに,これらの探査は可視光や近赤外線では見えない,ダストに隠された銀河の存在をわれわれに教えてくれました。(p.8)

金属化してしまう酸素
身近な酸素が超伝導になる――といっても,それは極低温,超高圧下でのお話ですが。最近,手のひらにのるサイズの超高圧発生装置を用いて,周期表上の元素の超伝導現象が次々と発見されつつあります。圧力や温度を変えると、極限状態の酸素の状態はどのように変化するのでしょうか。(p.18)

平面状態に限りなく近いヘリウム3の世界
ヘリウム4の薄膜は数々の注目すべき性質を示し、かなり詳細に論じられていましたが、その上に乗るといわれるヘリウム3原子のふるまいはあまり調べられていませんでした。今回、そのヘリウム3に着目し、2つの物質の界面で特異的な現象が起こっていることがわかったのです。(p.25)

素粒子物理を塗り替えていくコライダー
高エネルギー物理学者たちは,陽子,反陽子,電子,陽電子ビームのコライダー(衝突型加速器)から,たくさんのことを学んできました。いまやγγコライダーとμμコライダーが実現可能であろうといわれています。多くの物理学者たちがその実現をのぞんでいます。(p.35)
地震計,電位計および磁力計の設置場所
地震計,電位計および
磁力計の設置場所(p.45)

index top index 1999index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら