主要内容
第 I 部 基礎編
1章 変調信号の複素包絡線表示/2章 標本化/3章 パルス符号変調/4章 ベースバンド信号とパルス整形/5章 通信路等化技術/6章 線路符号化/7章 エコーキャンセル/8章 擬似雑音(PN)系列/9章 最適受信機/10章 前方誤り訂正符号化/11章 スペクトル拡散通信/12章 ダイバーシティ/13章 ディジタル通信システムの性能評価/14章 電気通信の標準化
第 II 部 応用編
15章 ワイヤレス・パーソナル通信:見通し/16章 変調方式/17章 アクセス方式/18章 レイリーフェージング伝搬路/19章 空間─時間処理/20章 個人向け通信サービス(PCS)での位置追跡方式/21章 セル設計原理/22章 マイクロセル無線通信/23章 固定および動的チャネル割当て/24章 電波航法技術/25章 送信電力制御/26章 第2世代システムの拡張/27章 汎ヨーロッパセルラシステム/28章 北米のTDMAセルラシステムにおける音声およびチャネル符号化/29章 ハーフレート標準規格/30章 無線ビデオ通信/31章 無線LAN/32章 無線データ/33章 無線ATM:相互接続形態/34章 ワイヤレスATM:QoSと移動管理/35章 cdma2000,WCDMA,EDGMの概要